緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

私の趣味や好きな事を冗談混じりに書いているブログです。 もちろん、ブログを通して気の合う仲間が増える事を望んでいますが、 もしも、気分を害するような方、冗談が理解出来ない方が居たら入って来ないで下さい。 もし、気分を害したとしても一切責任は負えません。

小ぶりなシートバッグが欲しい。

雨を気にする事なく
雨具も持って行く程でも無いツーリングの時に

付けていても
付けてないような

しかし
何かの時にはチョットした物が入る

RSで近場を走りに行く時に付けられるバッグだ。

(基本的に趣味のバイクに実用性重視の大きな物入れは付けたくない)

しかし
シートバッグを探してみると
思っているよりも大きめの物しか無い。

大は小を兼ねると言うが
上記で述べたような
小ぶりなシートバッグが一個有っても良い。

で、ネットを徘徊し悩んだ挙句
購入したのが
MOOSE RACING NUMBER PLATE TRAIL PACK 

このバッグは
オフロードバイクのフロントカウルに付ける物なのだが、RSのリアキャリアに丁度良さそうな大きさなので購入してみた。

価格は送料込みで
6570円だった。

バッグの収納は二層になっていて
上側のポケットはこんな感じで

財布やグローブくらいは入る大きさだ。

二段目は
いくつかの小分け収納が出来るようになっていて

大きな物だと
手拭いや
手土産くらいは入りそうな大きさで

無理をすれば
カッパくらいは入りそうだ。

後ろ側には
4本の取り付け用ワンタッチベルトが付いていて

このベルトがRSのリアキャリアに取り付けるのに丁度良く

付けてみると
大きさ
色合いは

RSにとてもピッタリで
走りに行く時には丁度良いバッグだと思いました。




4月11日、火曜日
忙しない会社勤めから解放されたアフターファイブ
世間の喧騒から逃れて
心のオアシスである我がガレージへと向かった。

ガレージに灯をともしストーブをつけて暖をとり

ステレオの電源を入れてミポリンを聴きながら

遠心クラッチが固着したスーパーカブのエンジンを降ろし始める。

しかし
エンジン脱着は何度目になるだろうか

1度目はエンジンブロー時の載せ替え時

2度目は直したエンジンに載せ替える時

3度目はエンジンをオーバーホールする為に載せ替えた時

4度目はオーバーホールしたエンジンに載せ替える時

そして

今回は、5度目の
遠心クラッチ固着によりエンジン載せ替えとなる訳だが

これもまた趣味の一環であり
良い勉強になったと思いながら

アフター5に
5度目のエンジン脱着を楽しむ事になりました。

4月9日、日曜日
昨日、自分でオーバーホールしたエンジンに載せ替えてみたところ

遠心クラッチの不具合が発覚したので
クランクケースを開けてみた。

ちなみに110ccのカブにはクラッチが2つ付いており

下の写真で
円形の物体が2つ見えるが

向かって
右側に見える円形が遠心クラッチ(発進用)で

左側がクラッチ(ギアチェンジ用)だ。

今回の不具合で疑っている部分は
右側の「遠心クラッチ」

しかし
前回行ったエンジンオーバーホールでは、遠心クラッチは分解していないので

遠心クラッチ本体の異常ではなく、組み付けの間違いを疑っていた。

クランクケースを開けてみたものの
見た目では異常は見当たらず

予備エンジンのクランクケースを開けてみて違いを検証してみた。

2台のエンジンを比べてみると
異変は明らかだった。

予備エンジンの遠心クラッチアウター(指で指している、遠心クラッチの外側の部品)は反時計回りに軽く回るのだが

車体にのったオーバーホールしたエンジンの遠心クラッチアウターは回らない。

やはり遠心クラッチが固着してしまっている状態だった。

分解してみて
組み付け間違いを調べてみたものの

組み付けに間違いは無く
全ての部品を予備エンジンと入れ替えてみても

オーバーホールしたエンジンでは遠心クラッチが固着してしまい

予備エンジンでは固着しなかった。

何度も試してみたところ
固着する意外での
違いがあったのは

オーバーホールしたエンジンでは
遠心クラッチのロックナットを締め付けると固着してしまうと言う事。(ロックナットが緩い状態だと固着しない)

と言う事は
クランクシャフトの軸長さ寸法に違いが考えられる。

同じ品番のシャフトなので寸法に違いはあるハズは無いが

考えられるのは
クランクシャフトにベアリングを圧入する際にベアリングの位置が狂っていて、シャフトの軸長さ寸法が短くなっている事で

遠心クラッチを止めるロックナットを締め付けると、遠心クラッチとアウターを圧迫してしまっている。と推測する。

とりあえず
不具合の原因らしき事は見つける事が出来たが

GWまでの数週間で
正常なクランクシャフトに入れ替えて走れるようにする自信は無い。

このページのトップヘ