緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2014年01月

1月26日、日曜日。私が住んでいる地域では野火焼きをやっていました。野火焼きとは?川原や農地の土手に火をつけて燃やす事です。目的は害虫駆除で、害虫を少なくする為に枯れた雑草を燃やしているようです。でも、この時期は乾燥して風も強いので、野火焼きの日は決まって火事がおきます。私も消防団時代に大変な思いをしたのを思い出しますね。

さて、今日は、ドゥーパの98号に載っていた「スウェーデン トーチ」を作りました。スウェーデン トーチ?私もドゥーパを見て初めて知りましたが、とっても面白そうなのです!
DSCN6302




















では、作り方から、
まず、丸太に板をビス止めしまします。板を付けるのは、丸太にチェーンソーで十文字の切り込みを入れるための土台です。
DSCN6303




















丸太を十文字に切ったら(下部15cmくらいは残します)ナタで皮をむき土台を外して出来上がり。でも、これから半年くらい乾燥させますので、使えるのは秋のキャンプツーリングあたりでしょうか。

で、使い方は、切り込みを入れた真ん中に火をつけます。すると、四方向に向かって、ジワジワと火が広がって、これ1本でも長い時間燃えてくれて、高さも有るので灯りにもなる訳ですね。
DSCN6305




















そして!
燃えたところに鍋を置けば調理も出来るって訳です。
取っ手を外した鍋がちょうど良い感じでした。この鍋の記事は↓
http://blog.livedoor.jp/ikannbe/archives/33688128.html

さて、スウェーデン トーチ。まだ使った事は無いのですが、なかなか面白そうな予感がします。今回は楢の木で4本作りましたが、良かったら違う木材でも作ってみたいと思います!
では、今年も、暖かくなってきたらキャンプツーリング行きましょうね(^^)/

チョロチョロ燃える火も いかんべ~。
DSCN6306

自作燻製器1号機が完成しました。前編は↓
http://blog.livedoor.jp/ikannbe/archives/36484043.html

では、外見から説明します。向かって、左上に付けたのが温度計、その右にあるのが温度調整用の排気口です。
そして、その下にある大きな扉が食料を出し入れする扉で、下の小さな扉が燃料用の扉です。その下には小さな吸気穴を7か所開けました。
食料用扉を開けて上には、食料を吊るす鉄棒が三本と扉の下側には食料用の網を設置しました。
DSCN6301




















燃料用の扉の中は、温度調整用に植木鉢に炭を入れ、右側の焚火台に入れたスモークウッドで燻します。
燻製器の温度管理は、炭の量と排気口の開け具合で意外と簡単に設定できます。
DSCN6296




















で、昨日のうちに
沸騰したお湯に塩を入れ卵を入れ8分茹で、
皮をむき、醤油;みりん;酒;水=1;1;1;2
の割合で下味を付けました。
しかし、次回する時は醤油;酒;水=1.5;1;2でしようと思います。
DSCN6295




















食料扉下側の網にのせます。ちょうど16個のりました。
DSCN6298




















スモークして、90分間60℃で燻製します。
実は、この温度管理が面倒だと思っていましたが、やってみると意外と簡単で面白いものです。
DSCN6299




















90分燻製した卵です。途中でひっくり返さなかったので、下側だけ良く焼けています。
DSCN6307




















一晩寝かした方が美味しいらしいですが、我慢できずに一つつまみます。
火のとおり加減、燻し具合は良好でしたが下味の、みりんが効きき過ぎかもしれません。

さて、燻製器が無事に完成して初めての燻製卵作り。まず燻製器は完璧に気に入りました。他の燻製器を使った事が無いのですが、温度管理もしやすいし使いやすいと思います。卵の味付けは失敗かもしれませんが、ま~食えました。
そして何より!ガレージの横での燻製作り。ほとんどガレージで遊んでいるのにもかかわらず、嫁に怒られないのです!食べ物の力はスゴイですね
次回は燻製ベーコンで遊びますよ!

燻製で目くらまし作戦も いかんべ~。
image

ふぃっくしょん
風邪をひいたのか?クシャミが止りません。でも、病は気からと言うので気にしません。

さて、先日、カブプロにスパイクタイヤを履かせ「雪道行きたいな~」と思っていた矢先に、ある方から「この寒い中、雪山ツーリングを企画している超ど変態のバイク馬鹿が居るみたいだから一緒に行って来たら?」と、超ど変態ブログを教えてくれた。〇猿さん、教えてくれてありがとう。

早速、教えて貰ったブログを見てみる。
・・・桜〇さんの言っている事に間違いない、超ど変態だ。しかもオナ県民とは偶然か?それとも変態的なドドメ色のチヂレッ毛で結ばれた運命の人なのか?
だが、ブログの記事にある「せっかく平和な国に生まれて、趣味を持つ事を許されているなら、限界まで楽しんだほうが良いじゃない。」と言うフレーズには惹かれるものが有り、この人に会ってみたい!と、思い切って参加表明する事にした。

では、今回一緒に「奥日光湯元温泉雪まつりツーリング」に行った方を紹介します。
まずは、私のカブプロ号と一緒に写っているエイプが、今回のツーリングを企画した「栃木県のバイク馬鹿 紅の鷹」さんの車両です。エイプで雪山ツーリング?普通しませんよね?!でも良く見てみると雪山ツーリング仕様に改造されてあるのです。たぶん、数知れない失敗から少しずつ知恵を付けたんでしょうか(笑)前後とも特注のスパイクタイヤも履いて、車両の限界まで使い込まれているのが見て解ります。
DSCN6228




















そして、もう御一方は、ハイエースで参加の、かずさんです。えッ?!車で参加なの?でもね。よく車を覗き込んでみるとバイクが2台も積んであるんです。ホカホカの車内でバックミラーには愛車が2台見える訳です。愛車とホカホカドライブとは、ある意味隠れ変態でしょうか(笑)
DSCN6232




















それからは。
中禅寺湖の目の前にある浅井精肉店で少し早い昼食です。私は初めての来店ですが、行列ができるお店らしいです。
でも、お店は11時30分開店ですが10時30分に到着・・・早すぎたか?寒くて鼻水ズルズルですよ。
しかし、鷹さんが常連の大きな顔を利かせて開店前に入店する事が出来ました。
DSCN6231




















常連の鷹さんが言うには、豚ヒレカツ定食がオススメという事で、三人仲良く同じものを注文する。
暫くして、
ドーン!!と出てきたのは肉厚なカツが6枚がのった大皿と、ご飯、みそ汁、お新香、茄子の素揚げがセットになったものでスゴイボリュームだった。
私が、こんなに食えるかな?と言う顔をしていると、鷹さんがシテヤッタリ顔で塩付けて食えと。
どうやら、旨いカツは塩で食うものらしい。
確かに、塩で食べるとパン粉の良い香りと肉の旨味を楽しめ、このカツの実力が良くわかりますね。
DSCN6234




















食後はツーリング再開!
先を行く鷹さん、さすがに雪道が慣れているようでペースが速いです。
私は、すっコロばないようにマイペースでついて行きますよ~。
しかし後ろを見ると、ホカホカドライブ中のかずさんが迫ってきます。前を走る私をよそに、バックミラーで愛車を眺めているんでしょうか?何度か轢き殺されそうになりながら、命からがらで次の目的地に到着します(笑)
DSCN6245




















で、大きな滝を見学。
寒い中で、こんな大きな滝を見ると寒さが増すばかりです。しかも、ここはカップルが多く訪れて来るようで、寒い中、私たちをよそ目にイチャイチャしています。オッサン3人組は・・・「写真撮りましょうか?」と、写真係ですかね
DSCN6247




















滝を見終わってから、駐車場でソリすべりを始めた紳士たち・・・
エイプにソリを繋いで坂道を登って行きました。
状況がつかめない私は呆然として見ていると、
DSCN6250




















暫くすると、かずさんが滑ってきました・・・ここは道路ですよ(^_^;)
しかも、大胆に頭から滑ってきます
BlogPaint




















その後、私も乗せられる事に。鷹さん速いって!!段差でイテテッ!イテテッ!
でも、滑ってみると楽しい!!
DSCN6252




















で、メインイベントの、奥日光湯元雪まつりを見終わって。雪まつりは後日にレポートしますか。
そして、凍結した湯の湖で涼む。
なんででしょうか。普段のツーリングシーズンでは見逃しがちな湖も、この季節では見とれてしまいます。
来て良かったなぁ~
DSCN6277




















林道に入るとアイスバーンの上に雪が積もっていて、バイクで来るにはスパイクタイヤは必須でしょう。
DSCN6278




















何度もホワイトアウトで前が見えなくなった戦場ヶ原で涼む。
ドウデスカ?涼しそうでしょう?!
DSCN6281




















鷹さん、まだまだ涼み足りないぞ!と中禅寺湖でも涼みます。
でも、かずさんは車から出てきません。愛車とホカホカです。
DSCN6283




















いろは坂の下り。
鷹さん、俺の前は走らせねーぜ!と走り屋に変貌し熱い走りを見せるも
DSCN6284




















いろは坂を下り終わる頃に追いつき、時速10kmで走っている鷹さん発見。
なんだか、様子がおかしいぞ!?
DSCN6285




















エイプのエンジントラブル発生です!
ガソリンは入っているようですが、なかなか始動しません
かずさんメカニックの診断ではプラグ不良という事。外したプラグの状態はヒドイものですが、替えが無いので応急処置をして走り出します。
DSCN6287




















その後は、栃木のバイク乗りなら一度は訪れた事が有ると言うお店「CAMON」へ向かう。
私は初来店でしたが、このお店のマスターがバイク好きで、向かいのガレージには数十台のバイクが有るようで、バイク雑誌にもとりあげられたそうです。
そして、店内には来店したライダーたちのアルバムが有り、必ず一人は知り合いが写っていると言うが。私が知っている変態は該当なし。
DSCN6289




















で、
鷹さんの口車にのっかって、お店オススメのスカイツリーパンケーキで盛大な打ち上げ。
普通は3人で1個を食べる量だとか・・・ここでも鷹さんがシテヤッタリ顔
どうやら、3個同時に出た事が無いらしく、マスターが写真を撮りに来るしまつ・・・もちろん私はギブアップですよ

さて、今回は初めての雪山、そして初対面の方達とのツーリングでしたが、鷹さん、かずさんのサポートのおかげで、とっても楽しく無事に過ごすことが出来ました。本当に参加して良かった!感謝です!また混ぜて下さいね(^^)/

限界まで楽しむってのも いかんべ~。
DSCN6291





















趣味で燻製を始めようと思い、燻製器を自作する事にしました。
といっても、私は燻製を作った事が無く知識が無いので、まずはネットで情報収集!燻製はどうやって作るのか?どういった燻製器を作ったら良いのか?
調べてみると、沢山の人が自作燻製・燻製器の記事を書いていました。便利な世の中です。

木製の燻製器を作った人を参考に落書きをしてみます。天井は斜めにすると、食材から出た水分が水滴として垂れ落ちないようです。そして記事を見ると、シーズーヒーターみたいなのを入れて、サーモスタットで温度管理をすると燻製が簡単なようですね。でも最初のうちは、炭とか練炭でも良いのかな。
DSCN6210




















燻製器を作る材料には、5mの木箱を貰ってきました。寸法通り切ればよいので、簡単簡単!!
DSCN6211




















で、今回購入した物はと言うと
スリムビス一袋
取っ手が2個
蝶番が2個と、
DSCN6213




















ストレートラッチが2個
すき間テープが2個
檜材が6本
合計金額、2442円でした。今のところ安上がりです。
DSCN6215




















では、スミを入れノコギリで木箱を切ります。簡単のハズが・・・
早速、寸法を間違えて短く切ってしまいましたよりによって30cmも間違えるなんて・・・馬鹿か俺
アミは1段にする事にして図面修正です。
DSCN6212




















次は、ジグソーで窓をあけます。
DSCN6216




















窓に扉を付け、すき間テープを張りました。
DSCN6221




































天井には食材を吊るす棒を取り付けました。早くぶら下げてみたいな~。
DSCN6219




















箱のすき間にコーキングを塗って、今日の作業はここまで。
燻製は、作ったことが無いので解りませんが、こんな感じで大丈夫なのか?不安も有りますが早くやってみたいものです。
そして、燻製器が完成したら、燻製の記事も書いていきたいと思います。

燻製器から作るのも いかんべ~。
DSCN6218

今日は三連休の終日でした。今日は何も予定が無かったので午前中は薪割りをして遊び、夕方からカブプロのタイヤ交換を始めました。なんかジッとしていられない性分なんですよね・・・
で、今回交換するタイヤはスパイクタイヤなのです。私の地域では、今シーズンになって、まだ雪が降っていませんが、2月に入ると降る事が有ったり、路面が凍結して危ないので去年からスパイクタイヤを履かせるようになりました。
原付ってスパイクタイヤが合法なんですね~。
このタイヤは前後同サイズのタイヤで、スパイクピンは80本くらいの物です。前シーズンから使っていた物で、1本で5000円くらいでした。
DSCN6199



































そして、タイヤ入れ替えにはシリコーンスプレーが必需品なのです!
これを使わずに痛い思いをしましたからね。詳しくは↓の記事です。
http://blog.livedoor.jp/ikannbe/archives/30491146.html

このスプレーをタイヤのビートとチューブに塗る事で、組み込み時にタイヤレバーでチューブを損傷させる事が無くなりました。関連記事は↓
http://blog.livedoor.jp/ikannbe/archives/30531401.html
DSCN6201




















リヤタイヤ入れ替えは1時間で完了しました。失敗無しです(^v^)
DSCN6207




















それと、アクスルナットにタッチペンで印をつけます。こうしておくとナットの緩みが一目で発見できて安心なのです。
DSCN6203




















フロントタイヤの入れ替えは簡単なので、30分で完了。こちらも失敗無しヽ(^o^)丿
こう失敗無しが続くと、得意になって作業が楽しくなりました!
DSCN6205




















最後に、ガレージの床を傷つけないようにベニヤ板を敷きました。
だってね、このタイヤ履くと地面からゴリゴリゴリって音がするんです。路面への攻撃性はスゴイ物だと思いますよ。
でも、原付がスパイクタイヤが合法なのは、仕事で使ったりとか、やむを得ない様な理由が有るんでしょうね。私のような遊び半分で使うのには自粛すべきか?と思ったりしますが・・・m(__)m

近いうちに雪中走れれば いかんべ~。
DSCN6209

このページのトップヘ