緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2014年07月

北海道キャンプツーリング⑥と言う事で、
キャンプ用のテーブルを、更に携帯性に優れたsnow peak オゼン 5238円を購入しました。
今まで使っていたロゴスのテーブルもコンパクトなんですが・・・要は物欲に負けた訳で、
キャンプ用品を集めるのも好きな、いかんべです。
DSCN7302 

























早速、中を開けると、
収納寸法は、メーカーが「山登りに特化して作った」
と言うだけあって超コンパクト!
DSCN7304
























で、パーツはと言うと4点で、
2つに別れる天板と脚を兼ねるワイヤーフレーム2つです。
重さは僅か330g。 
DSCN7305
























メイドインジャパンの文字が所有感を高め、そして
物欲で衝動買いした後ろめたさを和らげてくれます。
DSCN7306

























で、組み立て時間を測ったところ、
時間を測るとアタフタしてしまうものですが、それでも、わずか40秒で完成。
このテーブルはメインとしても使えるし、邪魔にならないので、サブで持って行っても良し、
そして悪天候のキャンプ時に、テント内でも使いやすいと思います。

ついでにアレも導入して、いかんべ~
アレについては、また後で。
DSCN7307 

 こんばんは。
昨日も今日もゲリラ豪雨。夕立の時代が懐かしくなった、いかんべです。

さて、昨日はホクレンフラッグを取り付けられるようにフォルツァへDIYを施し、今年のフラッグはどんな感じ?と探りを入れてみました。順序が逆だったかな・・・

で、「2014ホクレンフラッグ」で検索。
 とりえず上から見ていく。
そして4番目のを開いてみる。(クリックすると開きます)

2014ホクレンフラッグ の画像検索結果

写真を眺めていると、皆さん各々で北海道を満喫して、フラッグを手に入れて旅をする様子が伺えます。フラッグを荷物に括り付けて旅ってのも風場がありますね~。なんて眺めていたら、
右端の写真・・・見覚えある!?
とりあえず、画像をクリックしてみる、
BlogPaint
















こ、これは!ゲスの極み!私のカブ号に間違いない!っと言うか、私のブログ記事にハイパーリンクしているではないか!
その記事(クリックすると開きます)


でも、皆さんのカッコよいバイクで素敵な写真の中、ちょっと浮いちゃってる感がアリアリだな~。
BlogPaint

















こんばんは。
北海道キャンプツーリングに向けて旅感を充電中のいかんべです。

さて今日は休日と言う事で、ガレージにこもり、メンテナンス&車両にも準備を施しました。
で、下の写真を見ると、奥にある6Fにもボックスが取り付けられているのが解ると思いますが、本日、手を加えたのは2台なんです。
実は、いまだに6Fとフォルツァのどちらで行こうかと迷っているんです。と言うのも、去年はカブで北海道を周ったし、6Fでは時計回り・反時計回りと何回か行った事があるので、今回はまだ北海道に連れてっていないフォルツァで行くハズなんだけど・・・気持ちは6Fで走りたい・・・で、午前中6Fに準備を施す→フォルツァを見る→跨る・・・やっぱりフォルツァで行きたい・・・でも6F・・・の繰り返しです。贅沢な悩みでスミマセン(~_~;)

DSCN7298
























で、どちらで行くかは直前に決めれば良いとして、フォルツァには1×4材でDIY。
F1風のリアウィング?
じゃなくて、
ぶら下がっているタイラップはホクレンフラッグお取り付ける為の物で、ついでに洗濯も干せるように洗濯バサミ付きなのです。
今のところフラッグを4本たてられるフォルツァが有力だな~。
DSCN7301







 

愛着のあるシュラフを何者かに奪われた可哀そうな人、いかんべです。

今回も北海道ツーリング準備と言う事で、本来は購入予定ではなかったのですが新しいシュラフを求め、WIRD1に行ってきました。

で、今回求めるシュラフは、250DXよりもコンパクトで使用限界温度が低いもの。でも、コンパクトで高性能と言ったら価格が高くなる訳ですが、その点は大丈夫。だって今回、私は被害者であって、我儘を言って買い替える訳では無いからなのです。あくまでも私は被害者なので・・・

WIRD1に置いてあるシュラフは、モンベルとナンガが殆どですが私の好みはナンガ。メーカーの好みは人それぞれでしょうけど、ナンガは永久保証と謳っているだけあって品質の高さは1度使ってみたら解ると思います。
ちなみに、元々はナンガはモンベルの下請けだったようですが、モンベルが利益を求めて海外で生産するようになってから独立して国内生産を続けているようですね。なんだか応援したい会社です。

で、買ってきたのはナンガ UDD BAG280DX 29808円。日本製という表示は、このご時世ではインパクトがあります。
DSCN7283
























収納寸法は、13CM×20CMと言う事で、500MMペットボトルと比べるとこのとおり。
以前の250DXは14CM×24CMだったので更にコンパクトになり、
DSCN7285
























収納袋から出して、しばらくするとダウンが膨らんできてとても暖かそう。性能的には、250DXの限界温度はマイナス1℃だったのが、今度の280DXはマイナス10℃と言う事でコンパクトなうえに高性能な訳です。

DSCN7287
























そして、無くならないように収納袋とシュラフに名前と住所を記入します。
子供のころ、自分の持ち物には名前を書くようにと教わったのに、いつの間にか忘れていました。

間違って誰かに持って行かれなければ いかんべ~。
DSCN7292 

7月19~21日、2泊3日で山形県の月山朝日サンチュアパークキャンプ場へファミリーキャンプに行ってきました。
天気予報では初日から雨模様でしたが、キャンプ場手前のトンネルを抜けるとウソのような天気で3日間晴天に恵まれました。

キャンプ道具を設営後、タープの下でのんびりと過ごし、
DSCN7227
























で、午後はキャンプ場主催のイワナのつかみ取りに息子が参加。生きている魚を掴むのは初めてだったけど、無事に1匹捕まえることが出来ました。
でも、子供って魚を握る力加減ってものを知らないようで、バケツに入れられた魚はプカプカと浮いてます。
DSCN7250

























とれたイワナは管理人さんが炭焼きをしてくれました。
これが旨いのなんの。
DSCN7253
























夜は満天の星空を眺めながらバーベキュー。
そう。自宅から300km離れたこのキャンプ場にワザワザ3度も(今回で3度目)訪れる理由は星空が素晴らしいから。
デジイチを持っていかなかったので撮れなかったのは残念だけど、気持ち悪くなるほどの星の数で、天の川もクッキリと見えるのには感動ものです。

さて、2泊3日のファミリーキャンプ。1日目はキャンプ場でのんびり過ごし、2日目の日中は秋田へと足を延ばし観光も楽しみ。子供たちはキャンプ場で友達が出来て、食事をとるのも忘れるくらい楽しめたようで、大成功を収めたと思いきや・・・初日に焚火を終え、シュラフを広げようと探すも持ってきたはずの私のシュラフが無い!
私のナンガ ポーリッシュバック250DXが無い!家にも無いし、バックに入れた記憶があるのでキャンプ場で消えてなくなってしまったようだ
私の汗とヨダレと加齢臭が浸み込んだシュラフは何処に行っちゃったんだろう・・・
DSCN7257

このページのトップヘ