緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2015年09月

シルバーウィークが過ぎ、今週末は家族で過ごしました。

土曜日は皆で図書館へ行って昼食は有名ラーメン店で食べて。
日曜日はデパートに連れて行って、ゲームセンターで遊び、フードコーナーで食事をとってからショッピングに付き合い、夕方に帰宅してから家の周りに除草剤を散布しました。

こういった家族で過ごす週末も良いものですが、平日は毎晩夕食を一緒に共にしているし、毎日息子と風呂に入っているので、家族で過ごす時間は「人並み」だと私は思っております。

しかし
家族と過ごす時間と趣味の時間は別腹ですよ。

家族と過ごす時間は大事ですが、時間を作ってキャンプで焚火しましょうよ。


さて、余談はさておき
2015年 シルバーウィーク 3日目 9月21日(月曜日)

岩木青少年スポーツセンターキャンプ場の朝。

ここのキャンプ場は「青少年スポーツセンター」と言うだけあって、6時には大きなメロディーコールが鳴り響いて否が応でも目が覚めてしまいます。

で、テントから這い出して、
昨晩のうちに仕込んでおいた炊飯袋でご飯を炊いて、朝食の準備に取り掛かります。

今日の朝ごはんは、「レトルトのシチューかけご飯」です。
IMG_3550 


























で、朝食を食べ終えたらキャンプ場に荷物を置いてツーリングに出発。
今日のツーリングルートは↓こんな感じ。

キャンプ場を拠点に、龍飛崎に行って戻ってくるルートになります。
image


































キャンプ場から10分ほど走ると
かかしの里に通りかかりました。

かかしの里と言うだけあって、田んぼには沢山のかかしが並んでいました。
IMG_3489 


























で、一時間ほど走った所で

十三湖で休憩をとります
IMG_3494 


























十三湖の前には沢山のお店が並んでいて
IMG_3497


























シジミの名産地と言う事だけあって

売っている物は、シジミのオンパレード
シジミ汁に、シジミの佃煮、シジミの味噌漬けに、シジミの干物、シジミラーメンに、シジミソフトとシジミしか有りません。

で、私はオーソドックスにシジミ汁200円を注文。
味は?と言うと
シジミ汁は何処で飲んでも同じ。シジミ味です。
IMG_3496 


























で、シジミ汁を飲んで英気を養ったところで

本日のお目当てである、日本の名道の一つに数えられる

「龍泊ライン」へ!
IMG_3504


























この道は
日本海沿いの港町・中泊町小泊と津軽海峡突端の龍飛崎を結ぶ快走路で
IMG_3502


























しばらくは日本海の海岸線に沿うシーサイドルートとなっていますが、
IMG_3509


























途中の集落からは
標高をグイグイと上げていく山岳道路に変貌して、絶景ポイントの跳かん台へと続きます。
IMG_3511


























跳かん台からの眺め。

道が山肌をうねるように作られています。

龍が海岸を沿って、天にうねりながら登っていくような道
これが龍泊ラインの見どころですよ。
IMG_3512 


























で、その後は
龍飛崎へ
IMG_3513 


























この記念碑には
沢山の観光客が集まっていて
真ん中にある赤いボタンを押すと

石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」
が流れてきます。

この歌を聴いた後はヘルメットの中は、この曲でイッパイです

「ああああ~津軽海峡  冬景色~」
IMG_3514 


























で、龍飛灯台で
記念シールと
御当地名物の「焼きイカ」
を購入。

焼きイカですが、「食べきれなかったらキャンプ場で食べよう」
と、思って購入しましたが、
思っていたよりもサッパリした味付けで、身もプリプリしていたので持ち帰る事無く、食べきってしまいました。
IMG_3517 


























その後は
来たついでに
青函トンネル記念館を観光
IMG_3518 


























特に青函トンネルには興味は無いのですが
来たついでに勉強します

工事期間は24年間
構想期間を含めると、42年間とな

しかし
最初に発案されてから出来上がるまでに42年じゃ、本来の必要性が変わって来ちゃうでしょうね
IMG_3519


























で、もぐら号へ乗って地下世界へ
IMG_3522 


























10分もかからずに地下世界の終点へ到着
IMG_3523


























で、ここからはガイドさんの説明を受けながら
トンネル建設を学びます
IMG_3524


























いろいろなトンネル工法を勉強
IMG_3528


























何度も失敗しながらも
試行錯誤しながら作業を進めて
IMG_3529


























このトンネルを作った事で
IMG_3530


























現在のトンネル工法の技術が生まれたそうです。
IMG_3531


























吹き付けモルタル工法も、このトンネルを作った事で確立したとか
IMG_3532


























とても危険な仕事だったでしょうね

良い社会勉強になりました
IMG_3533


























で、龍泊ラインを戻り
IMG_3534


























ライン沿いの滝で休憩し
IMG_3539


























キャンプ場の近くの
ブナの里白神館で入浴

ここの温泉は源泉かけ流しで、とても良いお湯で
入浴料金は350円と格安でしたが、シャンプーなどは各自持ち込みでした。

各地の温泉に入り歩けるのも、キャンプツーリングの醍醐味です。
IMG_3540


























で、キャンプ場に戻って夕食作り
今日も、豚、イカ、エビ入りお好み焼きです。

なんで昨晩と同じかって言うと、材料が余っているから・・・

いや、お好み焼きを極める為です。

しかし、ソースは昨日で使い切ってしまったので、醤油をかけて食べました。

では、4日目へと 頑張って続けます・・・
IMG_3542

2015年 シルバーウィーク2日目、9/20日(日曜日)

当初に連泊を予定していた 後生掛キャンプ場は「熊が出る」と言う情報も有り、お隣さんのニンジャ乗りさんも別の場所に移動すると言う事で、1人でこの場所に留まるのは不安になってきたので、拠点を移動することにしました。

ゆっくりと撤収して10時過ぎにキャンプ場を出発。
途中で買い出しやら、昼食を済ませ
岩木山へ向かいます。
IMG_3488 


























後生掛キャンプ場から岩木山までのザックリとしたルートは↓こんな感じ。

image



































で、本日のお目当てである日本の名道の1つに数えられる

「津軽岩木スカイライン」へ!

このスカイラインは、青森県の最高峰、岩木山の8合目まで駆け上がっていく有料道路で、全長10KMの道のりは右へ左へとほぼ等間隔に69個ものヘアピンカーブが続いている名道・迷道?としても有名な所。

青森まで来たならば、我がスーパーカブで走ってやらねばなるまいと、料金所に並び

通行料金を見ると「二輪車は1000円」となっております

しかし、「名道にしても1000円は高すぎやしないか?」

と、不満を感じましたが、表を良く見てみると・・・
IMG_3486 


























「125CC以下は通行できません」とお達しが出ている事を発見!

私のスーパーカブ110プロはボアアップしてりますが、124.9CCのピンクナンバー。(ピンクナンバーは125CC以下)

でもでも、今の時代どこの会社も利益重視ですからね。
料金を支払えば通してくれるだろうと、列に並び、

「通れるなら1000円は安いよ」と、先程までとは真逆の事を心の中で唱えながら料金所の順番を待ちます。

で、何食わぬ顔で料金所で1000円を差し出してみると、

料金所の人「カブは通れませんよ」

と、排気量を確かめもせずに、まさに門前払いとなりました・・・残念。

しかし、良いですよ。こんど6Fを連れて来る理由が出来ましたからね。
BlogPaint 


























今日のツーリングは消化不足に終わりましたが、

ま~良いですよ。

ツーリングだけが旅の目的では無い訳で、各地でキャンプすることも楽しみで来たわけですからね。

で、今日のお宿は
前日に会ったニンジャ乗りさんから教えてもらった場所で
「岩木青少年スポーツセンターキャンプ場」です。

ここのキャンプ場はサイトの広さが広大で
バイクも車も乗り入れ自由で、料金が温泉の入浴料込で800円と良心的です。
IMG_3543


























で、早速
私の移動式別荘、ダンロップR226テントと、前室にスノーピークペンタシールドを張ります。

ちなみに、このキャンプ場は↓の写真の5~6倍以上面積があり、
IMG_3544


























雲がかかっていて見えませんが
岩木山が目の前に見えるキャンプ場です。
IMG_3547 


























で、早めに温泉に入り
テントでゴロゴロと過ごし

日が傾くころに夕飯の支度に取り掛かります
IMG_3472


























今日のメインデッシュは
豚、イカ、エビ入りお好み焼きです。
お好み焼きをツマミながら赤ワインをチビります。

これが、また旨いのなんの。
IMG_3474


























で、焚火を楽しんでワインを飲み、贅沢な時間を過ごしました。

キャンプツーリング最高です~

では、3日目へとつづく・・・
IMG_3480

「家族で出かけないんですか?」

っと、聞かれることがありますが
結論から言うと、
人並みには出かけようとしている・・・出かけていると思います

しかし
人並みがどれくらいか?は定かではありませんし

中には
連休は自宅でノンビリしたいって人も居るもので

今回の5連休だって、3日ほどで切り上げて家族サービスをしようと思ってましたが

嫁に「もっとゆっくりして来いよ」

と、
私を想ってか?愛情をタップリと感じられる 
有難~いお言葉を頂いたわけですよ。

ま~ホント。優しい嫁で良かった 良かった・・・

って事で、9/19~9/23の5日間、野良犬になったような気持ちでキャンプツーリングに行ってきましたので、日を分けて記録に残して行こうと思います。


9/19日
早朝と言うか、深夜に自宅を出発し

ちょうど、お昼ごろに秋田県に到着。
IMG_3403


























腹が減っているので昼食タイム。

しかし
とくに昼食の場所は決めていなかったので
通りかかった「三角そばや」に入店する事に
IMG_3395


























入店後に知りましたが、
このお店は
佐々木 希さんがテレビ番組で来店したほどの有名店だそうです。
IMG_3401


























で、私も佐々木さんが食べたラーメンと同じ物を注文。

では、実食

このラーメン
写真では解りにくいですが、麺が特徴的です
細くチヂレていており、食感がプリプリとした感じで今までに食べたことが無いような麺質。

それと、スープは
「しょうゆ薄味」
としか、私の味覚では判別不能なほど上品な味付けで

最後は大量な胡椒を投入し完食に到りました。

秋田だけに
飽きたラーメン・・・か?
IMG_3399 


























で、腹が膨れたところで

今回旅での目的の1つでもある

「日本の名道を走る」で最も楽しみにしていた

八幡平アスピーテラインへやってきました
IMG_3436


























これは

もう
IMG_3438


























言葉では言い表せません
IMG_3439


























しかし、バイク乗りなら解るでしょう?
IMG_3440 


























この景色の中を
IMG_3442


























遮る物が無いバイクで疾走する快感
IMG_3443 


























左右に車体をバンクさせながら
IMG_3448


























景色に溶け込んで
IMG_3446 


























飛んでいるような気持ち
IMG_3456


























バイクに乗っていなかったら
来なかったかもしれない
IMG_3459


























バイクに乗っていなかったら
この気持ちは感じる事は無かったと思う
IMG_3464


























さて、

スーパーカブを走らせ
ナルチストな野良犬になったところで、見返峠付近のレストハウスで休憩

ここはバイクの駐車料金が100円
レストラン有り、お土産屋さん有り、トイレ有りの休憩所なので沢山のライダーや観光客が立ち寄っていました。
IMG_3460


























で、アスピーテラインを往復して堪能し

アスピーテライン沿いにあります

今日のお宿、後生掛(大沼)キャンプ場に到着。

到着後、私の奥に見える神奈川県から来たニンジャ乗りと仲良くなり、お互いの旅話に湧いて情報を交換しました。
旅先で会った仲間って何故か?スグに打ち解けてしまうもんです。


しかし、このキャンプ場
連泊するつもりでしたが、どうやら野生動物が近くに沢山いるらしく

中でも最も注意する動物が「熊」と言う事で、飲食物は管理棟に保管するのが徹底されており、
配られた注意書きには、

レベル1 周辺で熊を見かけた

レベル2 キャンプ場内で熊が居た痕跡がある

レベル3 テントを熊に引っかかれた痕跡がある

レベル4 キャンプ場内で熊を見かけた

レベル5 キャンプ場に熊が定着した

とあり、去年はレベル5で閉鎖だったとか・・・

今年は大丈夫?
IMG_3416


























で、近くの温泉に入り
身がキレイになった所で
熊の飲食物にならない事を祈りながら、最後の晩餐開始


2日目につづく と、いかんべ~
IMG_3418






















「いい」

関係ない話ですが、私には中1の娘と、小2の息子が居まして

最近、私が娘に話しかけて返ってくる言葉の殆どが

「いい」

です。

しかし、嫁と喋っている娘は早口で、二人で何をそんなに喋る事があるのか?感心してしまうくらいなのですが

私が話しかけると

「いい」の二文字のみ・・・


いい?って

良い?って事?日本語って難しいので解りにくいですね。



さて、

週末から5連休となり
予定通り土曜からキャンプツーリングに出発するつもりです。

で、キャンプといったら焚火

最近は涼しくなったのでキャンプでの焚火は最高でしょう。

って事で、今日はキャンプに持って行くクヌギの薪を80本ほど用意しました。

薪の後ろにあるのは、折りたたんだサイズがB6サイズの「焚火台B6君」
それと、輪ゴムでとめているので解るでしょうが、手のひらサイズの薪なのです。
IMG_3388


























焚火台B6君に薪を井桁に組んでみました。

こうやってボーボーと豪快に燃やしてみたり、
チロチロと1本づつ燃やしてみたり

その日の気分で、いろいろな燃やし方をして
焚火を楽しんで来ようと思います

焚火って「いい」

「いい=良い」って事ですね。
IMG_3387 














































大量の雨が降りましたね。

私が住む栃木県では
被災された方が沢山いるとテレビで報道されましたが、私が住む地域は荒川沿いなのでそれ程の被害は出ませんでした。

で、当日の状況はと言うと
下の写真は当日の朝、
私の住む家から見た景色で、山の手前に流れているのが荒川なのですが、決壊して田んぼに川の水が入ってきていました。

窓を開けると、
雨音よりも川の流れる「ゴーゴー」という音が大きくて、
このまま雨が降り続いたらどうなっちゃうの?と恐怖を感じていました。

とりあえず、不幸中の幸いで
天気予報が外れて昼には雨が止み、大した被害は出ずに今では平穏に生活しています。

心配をしてくださった皆さんお気遣いありがとございました。
image 



































さて、
本題に入りますが、
大雨の次の日、9月12日(土曜日)
実はカブ仲間でキャンプツーリングを計画していたんですが

さすがに災害の直後にキャンプって・・・ダメじゃん・・・

と、言う声が出たのか、
出なかったかは 定かではありませんが

キャンプは順延になりまして
残念ですが災害があった直後なのでしょうがありませんよ。

しかし
今回は我慢しよう!と思ったものの

お昼に予定していた
「いきなり黄金伝説で報道された食堂」
が気になって、気になって

その気になってしまった
お口だけは順延させることが出来ないようです

って事で、

被災され、
苦労している方達には申し訳ありませんが
スーパーカブに乗り、お昼を食べに 日帰りツーリングに行ってきました。
IMG_3356


























鬼怒川周辺に差し掛かり

道路わきを眺めてみると、

堤防が決壊して田んぼが湖のような状態でした。
IMG_3353


























で、
道の駅 五霞へ小休憩の為、立ち寄ってみると

ひときわ目立ってるスーパーカブを見つけまして、吸い寄せられるように隣りへ駐車しました。

災害直後なので自衛隊の方?とも思えるビジュアルですが

どうやら様子が違うようでして
迷彩に塗られた車体に、迷彩バックや取り付けられた小物にも拘りが感じられて
只者ではない香りがプンプンと漂っています

そして、オーナー自身も頭のてっぺんから足元までぬかりが無い自衛隊ルックで登場。

居ましたよ~変態さんが
いや失礼、
話しを聞いてみると、これが標準装備と言うことで
変態ではなかったようです。

標準=普通

って事ですからね・・・たぶん

では、私も次からは古新聞の束を持って歩こうかしら
と、対抗意識が一瞬燃え上がりましたが
特に新聞配達員に憧れを抱いていないので止めようかな。
IMG_3359


























で、それから

まず、何処へ向かおうか?
と作戦会議をしましたが
食堂の開店時間に余裕がない事に気づき

群馬県桐生市の「中国料理 龍苑」に直行

11時頃に到着した時には既に営業中となっていまして
店舗前ですがカブを駐車します。

だって
たまんないですよ。

この色あせた看板

この白と青のストライプ柄の日差し

店舗ビジュアル、B級感がハンパなくて、カブと一緒に写真に収めたいじゃないですか。

(っと、駐禁を正当化して)
BlogPaint


























店内へ
入口を
入ってすぐの左側に邪魔な置物が。
よーく見ると飛行機のエンジンです。

「こんな所に置いたら邪魔だよ」と
オカミサンも言ったでしょうが

そんなのカンケーねぇー
と、言ったかどうかは解りませんが

この置物を見ると店主の人柄が伺えます。

だって
飲食店には見かけないエンジンを置き、
IMG_3365


























壁には写真が沢山

テレビの取材のも有りますが

殆どは飛行機の写真

で、飛行機と一緒に写っているオッサンは、
IMG_3363


























取材の写真に写っている店主ですよ。

自分の好きな事は徹底してやるような。

自分を曲げない。素敵なオトッツァンなのでしょうね。
IMG_3364


























で、看板メニューの
チャプスイを注文。

でも、チャプスイって何?
って思いますよね。

私も始めて聞いた料理なので興味津々な訳で
見た目は野菜炒め丼みたいですが、

肝心なのは味です。
きっと味がチャプスイなんでしょう。

では、
食べてみた感想を正直にお伝えします
不味かったら不味いと言っちゃいますよ。

しかし、味を言葉で表現するのは難しいものですね

強いて言えば

なんというか

野菜を炒めてトロミをつけて

ご飯に盛って

なんというか


簡単に言うと


野菜炒めをご飯にかけた感じ・・・です。

いいんです!
野菜炒めをご飯に盛っただけの物をチャプスイだって売ったって。

みんなチャプスイなんて知らない訳ですから
テレビだって来ますよ。
IMG_3366


























それと、
物好きさんが餃子を御馳走してくれて

でも、この餃子
なんと4個で800円ですよ
IMG_3367


























なんで800円もするかといったら
1つがこの大きさ。

普通の餃子の3~4個分でしょうか。
1個で満腹になりそう

物好きさん御馳走様でした~
IMG_3368


























で、満腹になり

でも、まだまだ走り足りないぞ!
って事で、涼しい峠を越えて
IMG_3370


























やってきました
道の駅川場田園プラザ

はじめて来た道の駅ですが、
異常に広い施設で
まるで町のようです。

ヘタをすると迷子になってしまいそう。
IMG_3371


























で、お約束のソフトクリーム
道の駅にはブルーベリー園なんてあり
ブルーベリーソフトなんてのもありましたが

やはり普通のソフトクリームが一番美味い訳ですよ。
BlogPaint


























で、帰りは金精峠を抜けて日光へ

嫁に献上する金粉入りカステラを購入。
これを食べれば我が家も徳川家みたいに安泰でしょう。(しばらくは)

では、また皆でカブツーリングに行きましょうね!
IMG_3381
























 

このページのトップヘ