緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2016年01月

RSを契約した後に
バイク用品店でアクラポビッチスリップオンマフラーを注文していたんですが

昨日の午前中に
「3月入荷予定だった納期が短縮して2月20日入荷になりました」
と連絡がありまして

同日の午後には
「なぜか?只今入荷して来ました」
と連絡がありました。

予定より早く入荷したのは良かったんですが、海外メーカーの納期って何故こんなにもデタラメなんでしょうかね。

ノーマルサイレンサーを取り外して2本の違いを比べてみます。

重さは

6Fに付けていたアクラはお手玉が出来そうな程軽かったけど、コレはチタンにしては結構ズッシリとしています。

排気口から覗いてみると
アクラは向こう側が丸見え

ノーマルマフラーは向こう側は見えません。

サイレンサーを外して見えるのは排気バタフライです。

本当はフルエキに交換したかったんですが、これが付いている為に断念しました。

ものの10分で交換完了。

昨日からカウルやマフラーの取り外しを行っていますが、RSは部品の取り外しがスゴく分かりやすくて、整備がし易い設計になっていると感じました。

後ろからの図。
出口のカーボンがカッコ良いんですが

バッフルを外すナットがカーボンの小さな穴の奥で止っていて、バッフルを外す事が出来ませんでした。

調べてみると
このナットを外すには8mmナットドライバーが必要らしいです。

さて、まだ走行距離は100KMしか走っていませんが、予定が早まりましてマフラーまで交換してしまいました。

このマフラーは車検対応では無いのが難点ですが、これで自分仕様のRSに一歩近づきました。

1月30日、土曜日
栃木県では雪が降り積もり とても寒い1日でしたねー
外は冷え込んでいますが、
今日はRSに
①リムストライプ
②ハンドルブラケット
③ETC
④シガーソケット&iPhone 用充電ケーブルの配線を設置しました。

まずは①MDFチタニウムリムストライプ(1台分 4806円)貼り付け。

センタースタンドを掛けて、フロントを吊りあげて作業しました。

フロントホイールへの貼り付け完了。

貼り付け面を掃除してから片面10分くらいで貼り付けられました。
以外と簡単です。

リアホイールも、こんな感じで完了。
 
で、次は
②アールズギアハンドルブラケット(28129円)の取り付け。

これも簡単、10分くらいで完了。

ちなみに
このハンドルブラケットですが
ハンドルの位置を30mmバック、25mmアップする物で、取り付けてみるとRSのハンドル位置の遠さや前傾ポジションが緩和されて、以前乗っていいた6Fと同じくらい楽なポジションに改善しました。

で、お次は
③自主運用のETC
④シガーソケット&iPhone 用充電ケーブルの配線なので、カウルを取り外します。

カウルを取り外すにはトルクスレンチを使うわけですが、結局は車載工具の↓トルクスドライバーが1番使い易く、これ1本で全て賄えました。

ヤフオクで1万円も掛けて一生物のつもりで買ったトルクスレンチセットは、このままでは一生使わない物になってしまいそうです。

サイドカウルは、この2枚が一体で外れました。

このサイドカウルは
裏からビスでとまっているので、外側のビスを外してから、上に持ち上げる様にして右上に見える3本の爪を外せば取れました。

で、
ETCとシガーソケットをタンデムシート下に設置して
iPhone ケーブルなどを配線します。

ETCは6Fから外しておいた代物です。

配線は
こんな感じにジャバラのケーブルカバーに入れて配線しました。

iPhone ケーブルは2Mの長さの物をタンデムシートから引いて設置したので常時配線となります。

ETCのアンテナはスクリーンの下に設置。

で、
ETCはビニール袋とプチプチで防水防塵対策を施し電源はナンバー灯から取りました。(ディーラーでもナンバー灯から取っているようです)

シガーソケットはバッテリー直で配線しました。

バッテリー直なので
見にくいですが↓のように
オプティメイトのケーブルにシガープラグを取り付けて差し込めばバッテリーの充電も出来る訳です。

本日の作業はここまで。

これで また自分仕様のRSに一歩近づきました。

R1200RSには純正のナビを付けませんでした。

べつに
ケチった訳ではありませんよ

今まで通りiPhone をナビとして使いたかったのです。

しかし、iPhone をナビとして取り付けられるようなステーって、まだまだ出回って無いから困ったもんですー

って事で、出回って無いなら自作してしまいましょう。

使う部品は、純正ナビホルダーのベースとフォルツァの純正ハンドルです。

ハンドルを64.5mmの長さに切断して、ベースを切断したハンドルに合うように削って溶接しました。

塗装もしました。

iPhone ステー完成です。

取り付けてみると
寸分の狂いも無く
ボルトオン出来ました。

iPhoneホルダーのマウントを取り付けて

TiGRA Sport iPhone 6sホルダー装着。

これで自分仕様のRSに一歩近づきました。




1月27日、水曜日
平日ですが、大安という事で会社には休暇を頂きまして、RSを引き取りに行ってきました。

宝積寺駅から8時38分発の電車に乗り、約2時間30分掛けて赤塚駅に到着。

赤塚駅からお店までは5KMの道のりですが、担当の方が迎えに来てくれました。

お店に到着すると
看板ネコ?
ノンちゃんが迎えてくれました。

無機質なバイクを売る店に、動物が居ると空気が和む感じでオートショップ大月の雰囲気を現しているようです。

それと
左にあるGSは限定車ですが、まだ買い手が決まって無いらしく欲しい人は買い得だそうです。
右の青いRSは、先週来た時は無かったけど、入荷後スグに買い手が付いてしまったようでした。

で、なんだかんだと有りまして受け渡しはお昼を過ぎて

納車後は
腹は減ってるものの、見えない場所にRSを停めて置くのが嫌で
コンビニでお昼休暇。

RSを眺めながら弁当を食べました。
多分、ニヤニヤして食べていたでしょうね。
 その後は高根沢町の安住神社に行き
御利益があるようにと御参りを済ませまして

日が傾く頃にガレージに帰って来ました。

今日から我がガレージの仲間入りになるRS君。いかんべ一家へ仲間入りの瞬間です。
  
RSの席は
今は亡き6Fの場所を用意してあります。

盗難が怖いので
船舶業者から仕入れた直径20MMの超硬チェーンと、イスラエル製のマルチロックで地球と繋ぎました。

これで少しは安心です。

さて、今日は無事に納車を迎えて
天気も良くて とても気持ちが良く走り回れました。

週末は慣らしツーリングに出たいところですが
残念ながら天気が崩れるようなので、ガレージで新たに追加したCDを聴きながらRSのカスタムをしようと思います。








R1200RSを購入してから
トルクスレンチ選びで迷ったので、同じように迷っている人が居たら少しでも参考になると幸いです。

さて、R1200RSの納車日を待っている状態ですが、納車後は自分で出来そうな簡単な整備やカスタムをして行きたいので、新たに工具を購入しました。

購入したのは

SIGNET トルクスソケットセット 3/8sq 35ピース 
定価10260円のところヤフオクで8200円(新品)

それと
PROXXSON ポケット型トルクスレンチ キーセット8本組
定価1944円のところ1800円(新品)
 
RSは外車なので、とめてあるネジが殆どトルクスネジらしいんですよ。

で、
トルクスレンチって安い物からメーカー品の高価な物まで いろいろと有るんですが、やっぱり精度が全然違うらしいです。

工具って買えば一生物ですからね。

って事で今回は奮発して
メーカー品のフルセットを購入しました。

ソケットセットの差し込み口は3/8のものを選びました。

トルクスソケットは差し込み口は1/4の物が価格が安く多く出回っていますが、使い勝手は3/8が断然良いと私は思います。
イジリ防止トルクスはビット式です。

このイジリ防止トルクスは、普通のトルクスにも使えそうですが、真ん中に穴が空いている分 強度が弱く、イジリ防止ネジ以外に使うと舐めたり割れたりしてしまうようです。

ビットを入れる3/8のソケットは、ビットを奥まで差し込むとロックするように細工が施されています。

こちらはポケット型トルクスレンチ

グリップ部は滑り止めになっていて使い易そうです。

これを選んだのはカウルなどを外す時に、L字に使えば力が入るし、真っ直ぐにすればドライバーのように使えるので整備する時にポケットに入れておくと便利だと思います。

先っちょを見ると精度も良さそうです。

さて、
【参考になると幸いです】
なんて言いましたが、
「らしい」だの
「ようです」だの
「そうです」だの
「思います」だの
と、曖昧な表現ばかりで申し訳ありませんでした

だって
実際のところは
工具なので使ってみないと分かりませんからねー

このページのトップヘ