緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2016年03月

3月31日、木曜日。
会社から優良社員表彰を頂きましてたので、只今R1200RSで旅に出ております。

っと言っても
一泊二日程度の予定なので

久しぶりに伊豆へと向かいました。

早朝4時に出発しまして
箱根には10時には到着しました。

マツダターンパイクに入ると
桜が咲いておりました。

ターンパイクから
椿ラインへ

やはり
トルクフルな大型バイクで峠を走るの面白いです。

それと
平日なのにバイクが多かったです。

熱海から白浜へ抜けまして

時間が余ったので
砂浜で
しばらく海を眺めました。

お昼は
途中のガソリンスタンドで情報収集をしまして

磯料理で人気店の「磯辺」へとやってきました。

店内は満席状態で

メニュー表を見ると
どのメニューも
観光地価格でありまして
なかなか高価ではありますが

ここまできたら
ケチってもしょうがありませんよ。

なので
人気メニューであります
「アジ丼」を注文。

で、
出てきたら
アジが山盛りですよ。

もうね
今年はもうアジを食べたく無いくらいです。

実はそんなにアジは好きじゃ無いのに

1番安かったのが
アジ丼で1800円でした。

その後は
奥石廊崎へ
 
RSを駐車場に停めて
散策路を登りました

展望台からの眺め
最高です

展望台には
カメラ台がありまして

カップルで写真を撮る
モニュメントがあったので

美女と愛を誓っている様子を撮影。

南伊豆を
奥石廊〜
マーガレットラインを一回りしまして

本日の走行距離404KM

今夜の宿は
露天風呂と海鮮料理で定評のある
「九条」へとやってきました。

キャンプも良いですが
宿も良いもんだと
アジを占めてしまいそうです。

では、
また明日。

えー。

春になりまして
暖かくなりかけていますが
この季節って
日常生活では転換期でもありまして

意外と寂しさも感じる
人恋しい季節ではないでしょうか。

私自身は
毎週バイクに乗れる環境なので、相変わらずですが

単独行動ばかりも寂しいなと感じる今日この頃であります。

本日は
ZZR1100さんと
FJR1300に乗るクロモンさん事、マー君(新妻からマー君と呼ばれているそうです)と

3人で大型バイクツーリングに行って来ました。


霞ヶ浦のビューポイントで休憩
湖から吹く風は冷たく感じましたが、景色を見ながらの会話は弾みます。

その後は
元祖ニンニクとんかつ の名店で有ります「とんかめ」でお昼。

店内は
どこか懐かしい感じがする
昭和の雰囲気が漂っておりました。

人気メニューの
ニンニクとんかつ定食
1200円をオーダー。

お肉は箸でほぐせる程柔らかくて
中心には
ニンニクのすりおろしが入っているのがミソ。

その後は
茨城空港を見学

この空港は出入りが自由なので
茨城県民の観光地となっておりまして、どこかにマー君が紛れ込んでいます。

自衛隊から払い下げになった戦闘機も展示してありました。

最高時速は2700Km/h
マッハ2.2と言う事で
東京〜大阪間の500Kmを11分でとんでしまうそうです。

機体の割にタイヤが小さいので
タイヤの溝がスグに磨り減りそうだと、マー君が心配していました。

こちらも同じ機体ですが
偵察機に使われていたそうです。

その後は
常陸大宮市まで走り
「お菓子処 ふるさわ」
にて3時のおやつ

生クリーム大福をZZRさんにご馳走になりました。

とても柔らかくて美味しい大福なので、ツーリング帰りのお土産に最高だと思います。

それでは
また一緒にツーリングに行ける日を楽しみにしております〜
 

3月20日、日曜日
友人yさんと2人で大型バイクツーリングに行って来ました。

前日の21時過ぎに意気投合して決行となったので

肝心な行き先は
ザックリと「千葉の鹿島灘シーサイドライン」って事に決めまして、早朝6時にコンビニに集合。

その他の予定は決まってないので
途中の休憩で相談しながら決めていく感じです。

で、
ナビに鹿島灘シーサイドラインを設定しまして

私が先導しますが

久しぶりのマスツーリングであり
そしてRSでは初めてのマスツーリングともありまして、ワクワクした気持ちで鹿島灘シーサイドラインに到着。

ここは初めて通る道でして

風力発電が建ち並ぶ
海岸沿いの一本道でありまして、強風と波しぶきを浴びながら走り抜けてきました。

その後は
干物店に寄ったり
犬吠埼に寄ったりしながら

10時30分には
食堂に到着。

到着した時間が早かったので、
「もしかすると開店前かな〜」
って心配しておりましたが、↓ご覧の通り駐輪場が満杯の状態でした。

今回訪れた食堂は
「犬若食堂」
お店はご覧の通りで、入店を躊躇してしまうような店舗ビジュアルですが、

こんな時間帯でも満席状態である事からして人気店である事が分かります。

店内には
サイン色紙がいっぱいありまして

噂の
キタナシュラン認定証も飾ってありました。

それと
木梨憲武さんのペレのサインもしっかりと確認しました。

オーダーしたのは
サルエビのかき揚げ定食
1100円

この店の人気メニューでもありまして

かき揚げの具は
サルエビと刻み葱が入っていて

予想よりも
衣があっさりとしているので
かき揚げ4枚
このボリュームでも なんとか食べきれました。

この店は
また食べに行きたいと思います。
 
その後は
ドーバーラインの断層を見学しまして

16時30分にはガレージに帰宅。

今回のお土産は
ホウボウと
カワハギと
フグの干物に
炭火焼き鳥8本を買って帰り

家族にも
楽しかったツーリングの喜びをお裾分けしました。

それでは
また一緒に走りましょう!

BMW R1200RS
のヘッドライトをHID化と、ポジションランプを交換する事にしました。

で、
ネットを徘徊し
先駆者による情報を探ってみて
HIDキット選びをしたのですが

R1200RSって新型車って事もありまして
ネットでの情報が少なく、取り付けでも分かりにくく感じましたので

私なりに要点を記録してみようと思います。

まず
私が選んだHIDは
「信玄 ワーニングキャンセラーHIDキット H7 35W 6000K」
アマゾンで10886円で

ポジションランプは
「PIAA ( ピア ) 白熱球 【サザンスターホワイト】 T10 12V5W 2個入り H-531」
アマゾンで940円
です。

まず
HIDキットですが

私はロービームのみ
HID化するつもりですが
このキットは2球入りの為、1球は

「なにか あった時の予備」
と、する事にしました。

箱の中には
製品保証書が入っていて

これを見る限りでは
信頼出来るメーカーだと思います。

それと
取り扱い説明書もしっかりした物で

詳しい説明が記載されています。

取り付け開始。

まずは
メーター周りのカバーを外します。

で、まずは
ポジションランプを交換しますが

付いている場所が
かなり奥まっていて
噂どおり外すのに手こずりまして

ネットで探った通りにするも外れる気配も無く

ポジションランプを外すのに1時間以上費やしまして、最終的にはディーラーに外し方を教えて貰いました

ディーラーに聞いて良かったですよ

ってのは
ネットでの先駆者は
どうにか外せてはいますが、外し方を間違えていると言うか、正確な外し方を載せている人は居ないようです。

で、どうやって外すかと言うと
実は簡単で、
「ソケットを摘んで引っこ抜くだけ」
です。

先駆者の皆さんは

ソケット横のツマミ↓
を「ソケットと一緒に挟んで抜く」と言っているようですが、

このツマミは、ただのガイドみたいな物で、ライトケースの一部なのでソケットと一緒には抜けず、

結論としては
ソケットのみを摘んで抜けば簡単に取れるようです。

ポジションランプは無事に交換出来たので

HID取り付けに移ります

まずは
ライトケースの蓋に穴をあけます。

コンパスで24mmの円を描いて

ドリルで数カ所穴をあけて
棒ヤスリで形を整え

キットを蓋に装置

HIDの配線は、ノーマルバルブから外したソケットに接続します。

HIDの赤い配線がプラスで黒の配線がマイナスです。
写真のソケットの形を見ればどちらに繋げるか分かると思いますが、参考にする方はテスターで確認してみて下さい。

バルブに付いている油分を飛ばす為に、
「バルブの空焚き」
をする時は、キットに付属していた保護ケースから取り出してから行いましょう。

ケースに入れたまま空焚きをすると、 
↓このように
「何かあった時の予備」の1球を失う事になりますからね…

で、
こんな感じに
HIDバルブを取り付けて

イグナイター等は
ここにタイラップで固定しまして

バラストは吸気口の横にタイラップ止めしました。

 無事に
HID取り付け完了です。

キット自体がワーニングキャンセラーという事で、危惧していたCANBASシステムによる警告灯も無事に回避出来ました。



月曜になり
仕事が始まると
ワンパターンな毎日で
人生自体が流れ作業みたいに思えてくる。

流れのまま
流れて
無駄は排除して
合理的な事を追い求めて
生きて行くのが
現代では得な生き方なんだろうな。

でも
私が思うに
面白いと思える事って
興味が無い人にとっては
「無駄」
な訳で、
無駄をしないのであれば
クソつまらない人生でしか無いと思う。

さて、
酒を飲み過ぎて
訳のわからない世界を彷徨っておりますが

RSに無駄な物を付けたので無駄な記録をしたいと思います。

付けたのは
ブレンボのマスターシリンダーキャップであります。

付けましたー

さり気なく見えるでしょうか

ほら
アソコに見える赤いキャップですよ

これです。

キャップを変えたって何にもならない訳ですが

仕事帰りにガレージで愛車を
眺めるひととき
が1日の疲れを癒してくれます。

無駄は物は無駄な人生を癒してくれます。

続きを読む

このページのトップヘ