緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2016年11月

11月26日、土曜日
カブ仲間のT氏のお誘いに乗って

スーパーカブで日帰りツーリングに行く事になりました。

前日の天気予報にて「明日は寒くなる」
という情報を得て、全身クシタニの皮ライディングスーツにヒートテックジャケットを身に付けて
早朝6時19分にガレージを出発

しかし
走り出して5分も経たないうちに帰りたくなるような寒さ。

気温計を確認すると
「1℃」

確かに気温は低いが

この装備であれば
RSやフォルツァでは寒さを感じないハズだが、カブでは凍えるような寒さ。

ヒートジャケットの温度を下げればグリップヒーターは暖かくなるが体は寒くなり

ヒートジャケットの温度を上げればグリップヒーターは役に立たたず手が悴んでしまう。

結論から言うと
カブでは、7.5Aのヒートジャケット、全周巻きのグリップヒーター、IPHONE の電源供給には発電量が足らなくなるようだ。

寒さに耐える事1時間走り

集合場所までの中間地点に差し掛かってしまっている。

もう家には引き返せないので
これから気温が上がって来るだろうなどと、希望的観念を抱いたり

人類は逆境に追い込まれて乗り越えて来られたから進化してきたものだとか

最近の若者は軟弱過ぎるだとか

このくらいの寒さで根を上げるくらいならバイクなんてとっくに降りてるよとか

訳の分からない悟りを開きながら、コンビニに立ち寄った。

で、店内は当たり前のように暖かく

当たり前のように
ホカロンを5枚購入。

私は寒さに負けた。

いや
実を言うと家で腹と背中と太ももに1枚ずつ貼って来たので、これで合計で9ヶ所にホカロンを装着する事になる

そしてヒートジャケットにグリップヒーターに頼りきりだった訳で

最初から
寒さには負けていたのだ。

集合場所の道の駅しもつま
に到着

しもつま
には赤いカブが二台停まっており

一台はT氏のポスティで

もう一台はT氏が最近手放したハンターカブ

ほとんど同じカブに見えるがT氏にとっては違うらしく

人類進化の為に買い替えたらしい。

途中まで3台でツーリングする事になり、挨拶もままならず

行き先も「銚子」と大雑把に定めて出発

しかし
T氏のポスティは調子が悪いらしく

停車する度にエンジンがストップ

手放したハンターカブの方が調子が良かった等と言いながらポスティを調子をみるT氏

バイクの整備も手馴れたものでした。

千葉県 銚子の名物店「一山いけす」に到着。

店内にある「いけす」を見ながら
伊勢エビ天丼を頂きました。

その後は
銚子ドーバーラインへ

絶景スポットを捜し求めて小道を入ったり出たり、追い出されれてみたりしながら

ドーバーラインの崖を覗いて来ました。

さて、
朝から想定外の寒さで
家に引き返そうかと思ったりしましたが

久しぶりにスーパーカブでマスツーリングをしてみると
改めてカブツーリングならではの楽しさを再確認する事が出来ました。

では
今度は雪を見にカブツーリングに行きましょうー

私のスーパーカブ110プロですが

今年の初めに低速で転んでからハンドルに違和感が出ていました。

違和感というのは、真っ直ぐに走っていても少し右にハンドルがキレている感じです。

最初はフォークの捻れを疑いましたが、フォークには異常は無かったので

試しに
ハンドルを交換してみる事にしました。

しかし
ハンドルを交換するにしても同じ物に交換しても面白くありません。

選んだハンドルは

ハリケーン ミニセミアップハン 2694円

純正ハンドルは 3400円なので700円程安あがりになりますが

あまり形状の違った物を選んでしまうと、ケーブル類が足りなくなる恐れがあるので慎重に選びました。

で、ノーマルハンドルを外し

形状を比べてみると
ハンドル一本分高くなり、グリップ位置が少し手前になる感じでして

ロングツーリング時には
手首への負担が少し和らぐのではないかと思います。

そして
ハンドルを比べる事で
ノーマルハンドルに曲がりが出ている事が分かり、ハンドルを交換して良かったと感じました。

で、ハンドルに純正のウエイトを取り付けまして、車体にハリケーンハンドルを装着。

ウエイトは
ハンドル内径は同じなので、純正ハンドルと同じ位置に穴を開けて取り付けました。

風防やスイッチ類を取り付け

グリップヒーターを接着して完了。

因みに
グリップヒーターの取り付けですが
接着剤は、セメダインXを使い、グリップエンドにワイヤリングをしてタイラップで1日拘束すると剥がれる事は無いと思います。

交換したハンドルですが
1枚目と下の写真を比べて貰うと少し形状が変化した事が分かるでしょうか。

言わないと分からないレベルなので

自己満足でしかありませんが、スーパーカブへの愛着は益々増しました。

めでたし
めでたし。

11月20日、日曜日。
天気予報では☀️という事で
妻とタンデムツーリングに行く約束をしていました。

が、
昨日の雨は夜中に上ったものの、朝起きたら霧が濃く道路は濡れたままなので

中止にしようか悩みましたが
薄日が差してきた9時過ぎに出発。

とりあえず塩原を目指し
途中の矢板では不安になる程の濃霧で
インカム越しに天気の話ばかりでしたが

塩原に差し掛かると

嘘のような青空が見えて
オレンジ色や

ピンク色の紅葉がとっても綺麗でした。

バイクで走っていると良い事も悪い事も共有できます。

五十里湖の付近も綺麗で
バイクを停めて景色を眺めました。

川治ダムでは
見惚れるようなエメラルドグリーンの水の色に足を止めて眺めました。

で、お昼ちょうどに
馴染みのお店
「そば処 ひなた」に到着。

ホール係のお姉さんに妻を紹介して

新蕎麦を味わいました。

新蕎麦の味はもちろんですが
天ぷらが揚げたてで

このお店は味も雰囲気も良くオススメです。

その後は
秘境の地「小太郎ヶ淵」へ立ち寄りました。

紅葉が終わりかけていましたが
とても風情のある処で

岩肌を流れる水の音を聞きながら

名物 草団子を頂きました。

16時30分に無事帰宅。
近場をのんびりとツーリングするにはタンデムも良いものでした。

お久しぶりです。
しばらくの間、ブログの更新をしていなかったですが

最近はガレージで1人黙々と
カブのメンテナンスを楽しんでいます。

で、メンテナンス記事の前に

このブログには「ガレージ」のキーワードでお越しになる人が約半数いらっしゃいますので

私のガレージの中身を少し紹介したいと思います。

ガレージ奥側はこんな感じで寛ぐスペースをとっているんですが

写真では全体的に分かりづらいかもしれませんので

縮図を書いてみました。

普段は
入口側にバイクを並べて置いてあり

奥にはテーブル席を設置してあります。

今回のスーパーカブのメンテナンスには

奥のテーブルを外しまして

カブを横向きに配置

カブの前に立て掛けてあるのが外したテーブルで、これもまた私が自作した物です。

縮図では
こんな感じになりまして

中間のスペースで整備を行えるようになっています。


今回はフロントフォークをバラしまして洗浄しました。

バラしてみると
ボトムケースの底にゴミが溜まっていたので

フォークオイルの交換だけでは最適な状態にはならないと感じました。

ついでに消耗品も交換しました。

交換部品は
オイルシールと
ピストンリング
銅ワッシャー
です。

ピストンリング交換

白い物が古いリングで

黒い物が新しいリングです。

色の違い以外には
新しいリングの方が柔らかかったです。

フォークを組み上げて

今回もバネレートアップの為にカラーを入れました。

カラーのサイズは
外径が18mm
長さが12mm

塩ビパイプで作った物なんですが、カスが出そうなので

次回は鉄パイプで作ろうと思っています。

フォークボルトをネジ込み

車体に取り付けて
完成

バネレートの比較は

ノーマルでは跨っただけでサスが沈み込んでブヨブヨとした感じですが

カラーを入れた状態だと
しっかりとした手ごたえで

初期動作で硬さの違いを感じられましたとさ。

めでたし
めでたし。




続きを読む

10月22日、土曜日
埼玉スーパーアリーナへ

絢香さんの2016年ライブツアーであります
「SUPER BEST TOUR」に参加して来ました。

今回のライブは

絢香ファンはご存知だと思いますが、絢香さんがデビューして10周年って事で

記念としてアリーナツアーとなっておりまして

会場は
このように超満員!

人で埋め尽くされております。
で、
私の席はと言うと

ファンクラブ先行販売で予約しましたので、皆んなが羨むアリーナ席であります。

因みにアリーナ席ってのはですね。

会場のセンターの部分でありまして

私の席に着くと
白いスクリーンが降りているところがステージなので

この会場、

この人の数からすると

ひじょ〜〜〜に

良席!

しかし、この周辺は
ファンクラブ会員でないと手にする事が出来ない席という事もあり

かなり濃い面子に出くわしたりしまして

私の隣にも
かなり濃ゆい40代男性が1人で来ており

ライブ開始までの待ち時間に
絢香ファンの熱い語りを聞かせて頂きました。

ライブの内容

セットリストは

1. Have fan!!
2. Real voice
3. 夢を味方に
4. Why
5.やさしい蒼
6.Beautiful
7.手をつなごう
8. ambitious
9. CLAP&LOVE
10. No end
11. はじまりのとき
12. Jewelry day
13. みんな空の下
14. ツヨク想う
15. number one
16. Hello
17. にじいろ
18. WINDING ROAD
19. I believe
20. THIS IS ME
21. メドレー
・歌を歌おう
・Stay with me
・おかえり
・ブルーデイズ
・Peace loving people
・キミヘ
22. 三日月

今回のライブはバンド編成でして
とても迫力のあるサウンドにより

アップテンポの曲では
絢香さんの歌がよりパワフルに

バラード系では
ピアノとギターのみの伴奏により歌声が心に響く贅沢なライブでした。

今回のライブも
とても最高でした

が、しかし
実を言うと
残念な事に今回のライブをもちまして

諸事情により
絢香さんのファンクラブを抜ける事になりました。

とても残念ではありますが
絢香ファンである事は変わらないので

今後も陰ながら応援していきたいと思います。

「絢香ファンは永遠に不滅です!」
      ↑かなり濃ゆいファン1名より。



このページのトップヘ