緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

2017年07月

7月29日、土曜日
数日前に
田代山林道のゲートが開いたという事で

会社メンバーで林道ツーリングに行って来ました。

早朝6時30分に集合して
コンビニで一休み。

今回御一緒したのは
TW200さん(マシントラブルの為、途中リタイア)

セロー250さん

KTM250さん

KTM350さん

DT125さん

クロスカブさん

私のスーパーカブ50カスタム

天気予報では生憎の雨模様となっていましたが7人も集まりまして

田代山林道へ

林道は雨の影響でか
水没している道もあり
クロスカブさんに写真をお願いして

深さ10センチ以上の水没路を行ったり

来たり。

上手く写真が撮れなかったとかで三往復もしましたが

カッコ良い?
写真が撮ってもらえました。

山頂で一休み

田代山林道は
そこそこ走りやすいフラットダートでスーパーカブでも楽しめる林道でした。

山頂からの眺めは
霧がかかっていて見渡せなかったけど、それはそれで良い思い出です。

田代山林道を抜けてからも
林道を見つけて入ってみますが

土砂崩れで道が塞がっていてUターン

かなりガレている道で怖かったです。

その後
お昼を食べに山道を快走していると

DT125さんが白煙モクモク上げて路肩で休憩。
 
皆んな心配そうにDTの具合を鑑賞。

キックは下りるのでエンジンは生きている様子。

白煙の原因は
たぶんオーバーヒートだろうという事で
20分くらい休んで出発。

その後も
DTが不調であるにも関わらず御構い無しのペースで走り

食堂へ向かう途中には大きな倒木がありました。

裁ちそば屋「開山」へ

裁ちそば 900円

蕎麦は美味しかったですが量が少なくて少し残念でした。

それと大盛りはプラス300円てのも高いと思われます。

食後に
「この後どうする?会議」
を行いまして
 「檜枝岐林道が近道なんだよ」と
力尽きている2名を騙して林道へ進入

セローさんの後に続き林道を快走して滝で休憩。

倒木のアトラクションでも楽しんで

檜枝岐林道を無事に通過しました。

で、
ここからは
左に行けば泥部へ抜ける近道になりますが

敢えて右折し
川俣湖を廻る
馬坂林道へ

馬坂林道もフラットダートで走り易く
赤土のヌルヌルスポットも良かったです。

今日は
田代山林道〜
檜枝岐林道〜
馬坂林道へと
ダート区間50km以上走りまして

ちょっとキツイ工程でしたが
皆んなでワイワイと楽しい1日が過ごせました。

続きを読む

7月15日、土曜日
暑い日が続きますが皆さんどうお過ごしでしょうか。

私は、先日の月曜日にギックリ腰になってしまいまして、バイク・ツーリングからは遠ざかっており

お盆の北海道ツーリングの間近と言う事で、整形外科に通う日々を送っておりました。

今日は安静に過ごすべく
ガレージで
スーパーカブ110プロにハイパワースロットルボディ交換作業を行いました。

東京堂のハイパワースロットルボディ
8500円

ノーマルのスロットルボディから センサーなどを移植しまして

東京堂 ハイパワースロットルボディ

ノーマルスロットルボディ

パッと見た感じでも大きさに違いがあります。

ハイパワースロットル取り付け完了

走った感じは
中〜高回転でトルクの盛り上がりが増した感じで

最高速は
JA07の速度計は100キロまでしか付いていない事もあり

あっさりと
メーターを振り切ってしまい不明となりますが

以前よりも間違いなくパワフルになりました。

めでたし
めでたし。

話は変わりますが
ギックリ腰になる原因は
疲労による骨盤の歪みという症例もありますが

原因の大半は不明らしく

私の場合も
レントゲンを撮った結果は
骨格には異常は無く 
健康そのものだと

「過度のストレスによるもので
たまには息抜きが必要だと」
先生がおっしゃっておりましたので

北海道で息抜きをすれば完治するような気がします。


録画した深夜番組の「旅猿」
を家族で見たのがきっかけだった。

番組の内容は
道志の森でキャンプ

数年前にカブ仲間で行った事もあり
道志の森
皆んなでキャンプに行きたくなった。

7月8日、土曜日
場所は変わりますが
メープル那須高原キャンプグランドへ家族4人で行く事にしました。

キャンプ場へは
当日 10時ごろに電話してみると
予約しなくても充分に空きがあるって事で

(チェックインは13時のところ)
「もう入っても良いですよ」
との事と

チェックアウトも翌日11時のところ
「15時くらいまでゆっくりして良いですよ」と言う家族連れには有難いサービスをしてくれました。

まずは
キャンプ場の受付にあった
七夕の短冊に想いの丈を綴りまして

キャンプサイトへ

キャンプ場は
標高600mくらいの場所なので

日中の気温は平地と比べても3℃くらいしか低くはないが

新緑が茂り
木漏れ日の降り注ぐサイトでは
爽やかな風が吹いて意外と過ごしやすくも感じられました。

我が家の移動式別荘を設営

この道具一式は
ファミリーキャンプを始めて買い揃えた物で

かれこれ8年くらい使っておりまして

道具の痛みを見ると

富山の宇奈月へキャンプに行った思い出や

山形の月山や
北海道にも家族で行きました。

最近はバイクばっかり乗っているような感じがありますが

ひと昔に色んな所へ家族で行った

懐かしい思い出が蘇ってきました。

テント設営後

息子に連れられてメープル池へ

キャンプ場に集まった子供達が池で遊んでいました。

早速
女の子と友達になる息子

自分の水鉄砲を貸して
友達を作る息子には

親ながら感心させられました。
2グループに分かれて
水鉄砲合戦

楽しそうでした。

その後も
虫捕りで仲良くなった友達と遊んだり

夜のバーベキューでも
仲良くなった友達が遊びに来たり

月を見ながら焚き火をしたり

とても良い 夏の思い出が出来ました。

ファミリーキャンプ大成功。


2017年 北海道キャンプツーリング準備編

今回の北海道の旅はRSで行く予定でして

キャンプ有り
たまには宿泊もしたいと思っています

宿を利用するにあたって
一抹の不安がよぎるのは

露天駐車での
イタズラの被害
そして夜露による車体の汚れ
などなど

そんな不安を少しでも拭い去るため

携帯に便利なデイトナ製の
ポータブルハーフカバーを購入してみましたー

こちらの
ハーフカバーは
特大サイズと
標準サイズがありまして

特大サイズの方が余裕を持って車体を覆える訳ですが

やはり
持ち運びを考えると
収納時のコンパクト性を重視しまして シートやメーター類などを最低限覆えるであろう

標準サイズをチョイスしました。

RSにかけてみた図

リアキャリアまでは届きませんが

フロントカウルから
タンデムシートまでスッポリと覆う事が出来きまして

一言で言うと
「良い感じ」

これで旅の不安も
少しは軽くなった気がしてきました。

今年の梅雨は雨が少なくて
暑い日が続く毎日、皆さんどうお過ごしでしょうか。

こうも雨が少ないと
夏野菜の育成にも悪影響を及ぼして
価格も高騰しがちで困ったもんです。

私のような貧しい家庭では
家計を圧迫しかねない大問題ですが

今年から始めた家庭菜園で毎日少しずつ収穫出来ているので、なんとか生活をおくることが出来ております。

家庭菜園を始めてみると

大変ですけど
野菜の価格が高騰している
この昨今では
家計の役にもたちますし

なんと言っても
採れたての野菜を食べる家族の笑顔を見る事が1番の喜びと感じております。

さて、
家庭菜園の話はこの辺にしておきまして

時が過ぎるのは早いもんで
7月に突入しましたので

来月は
もう8月です。

8月と言ったら お盆休み
今年は8/11〜8/20
までの10連休となっておりまして

連休をどう過ごそうか
今から楽しみでしょうがありません。

しかし
今年のGWには
四国〜九州をツーリングしたばかりなので

お盆休みは「家族サービスに徹する」と考えておりました。

しかし
お盆休みって何処も混んでいる訳で

わざわざ混んでいる所に
車で行って楽しむ事は難しいもんです。

家庭菜園で家族が幸せになり
家計が潤った訳ですから

ここはひとつ
少しばかり還元してもらってですね

家族サービスは
必ず

きっと
しますので

ちょこっと
北海道ツーリングに行こうかなー
なんて考えております。

ほんとに今年の
夏野菜は高くて大問題ですよねー





このページのトップヘ