4月30日、土曜日 

am8時40分、無事に北九州に到着

地震の影響で九州へ行く事をキャンセルした方が沢山居ると思っていましたが
フェリーには沢山のライダーが乗っていました。

私は災害直後にも関わらず決行する事に決めて、反対派の意見には少し耳が痛い思いをしましたが

他の方達も
積載した荷物からして
九州へはツーリングに来たんだと思うので少しホッとしました。

フェリーから下船して
初めての九州を走ります

天気が良い事もあり
見る景色が全て感動ものです

走りきるのがもったいなくて
なんでも無い場所で止まってしまいます。

ちょこちょこと寄り道をしまして

待ち合わせ時間にはだいぶ遅れてしまいましたが

平尾台のカルストにある駐車場でmasaさんと合流。今日も白カブをNボックスにトランポして来たそうです。

ちなみにmasaさんとは
数年前に福島のキャンプ場で偶然知り合いまして

ご一緒するのは
今回で3度目となります。

Nボックスは駐車場に置いてキャンプツーリングに出発。

masaさんに先導して貰ってカルストの絶景ポイントに向かいます

絶景ポイントに到着

って言うか
カルストの中に入って来てしまいました。

(一応ケモノ道みたいなのはあったし、進入禁止は無いのでセーフ)

カルストからは
大分の市街地も見渡せました。

ツーリングの予定はmasaさんに丸投げして後につづきます。

唐津付近で
ヒナえもんさんを発見

ヒナえもんさんは1週間前に会社をサボって九州で遊び回っていたそうです。

後ろを見ると

いつもの事ながら
何処に行くのかも知らないのに
ヒナえもんさんが付いてきています。

鳴子大橋を渡って加部島に向かいます。

鳴子大橋からの眺めは最高の景色でした。

加部島へ

加部島のツイタ鼻にやって来ました

目に入る景色全てが綺麗でした

草原が広がって牧歌的な風景に癒されます

加部島を後にし

今晩のお宿、生月島のキャンプ場に向かいますが 

フェリー乗り場に到着

どうやら
フェリーを使うルート設定になっていたらしく

時間に余裕が無い事から
生月島でのキャンプは次回に持ち越しとしました。

近くのキャンプ場を
軽トラの爺様に聞いて

爺様に案内して貰いました。

鷹島の夕映えキャンプ場に到着

料金は1人1000円でした。

お風呂は近くのモンゴル村で入って

買い出しは
モンゴル村のおばちゃんに教えて貰った

近所の商店に買い出しをしました

商店はカブでしか行けないような裏路地にありました

キャンプ場に戻り

再開を祝して
ヒナえもんさんから差し入れて貰ったビールで乾杯。
 
高級な牛肉もヒナえもんさんに頂きまして

炭火焼き肉は美味かったです

そしてmasaさんからはタラコスパゲティを頂きました。

いつもながらmasaさんの手料理は美味しいです。

鷹島と言えば
ドングリのお酒
「まて焼酎」

なんでしょうが私は初めて知りました。

限定品という事で
偶然にしても本場で飲めて幸せでした。

では、また明日。