録画した深夜番組の「旅猿」
を家族で見たのがきっかけだった。

番組の内容は
道志の森でキャンプ

数年前にカブ仲間で行った事もあり
道志の森
皆んなでキャンプに行きたくなった。

7月8日、土曜日
場所は変わりますが
メープル那須高原キャンプグランドへ家族4人で行く事にしました。

キャンプ場へは
当日 10時ごろに電話してみると
予約しなくても充分に空きがあるって事で

(チェックインは13時のところ)
「もう入っても良いですよ」
との事と

チェックアウトも翌日11時のところ
「15時くらいまでゆっくりして良いですよ」と言う家族連れには有難いサービスをしてくれました。

まずは
キャンプ場の受付にあった
七夕の短冊に想いの丈を綴りまして

キャンプサイトへ

キャンプ場は
標高600mくらいの場所なので

日中の気温は平地と比べても3℃くらいしか低くはないが

新緑が茂り
木漏れ日の降り注ぐサイトでは
爽やかな風が吹いて意外と過ごしやすくも感じられました。

我が家の移動式別荘を設営

この道具一式は
ファミリーキャンプを始めて買い揃えた物で

かれこれ8年くらい使っておりまして

道具の痛みを見ると

富山の宇奈月へキャンプに行った思い出や

山形の月山や
北海道にも家族で行きました。

最近はバイクばっかり乗っているような感じがありますが

ひと昔に色んな所へ家族で行った

懐かしい思い出が蘇ってきました。

テント設営後

息子に連れられてメープル池へ

キャンプ場に集まった子供達が池で遊んでいました。

早速
女の子と友達になる息子

自分の水鉄砲を貸して
友達を作る息子には

親ながら感心させられました。
2グループに分かれて
水鉄砲合戦

楽しそうでした。

その後も
虫捕りで仲良くなった友達と遊んだり

夜のバーベキューでも
仲良くなった友達が遊びに来たり

月を見ながら焚き火をしたり

とても良い 夏の思い出が出来ました。

ファミリーキャンプ大成功。