8月27日、土曜日
今日は朝から生憎の雨
こんな天気では暇を持て余していても、ツーリングに行けません。

そんな時はガレージにてメンテナンスを楽しみましょう!

って事で
最近気になっていた「カブプロのハンドルのガタ」を見てみる事にしました。

スーパーカブプロのハンドルは、バーハンドルなんですが

振動軽減の為にラバーマウントになっておりまして

そのラバーの部分がヘタってくるとガタガタになってしまい、ハンドルの手ごたえに不安を感じる事があります。

ちなみに、「クロスカブ」も同じ構造だと思いますので

バーハンドルのカブに乗っている人は、
ハンドルにガタが出ていないか?1度チェックしてみると良いと思います。

とりあえず
パーツリストを見てみると
ラバーのみでは購入できないようでした

上側図面の6番の部品になるので
6950円と高額な部品です。

お店で修理を頼むと工賃がかかるので1万円くらいは取られるでしょうね。

ビンボー人や、私のようにセコい人種には払えない金額なので

使い古しの
タイヤチューブを使って直してみようと思います。

チューブを丸く切りました。

ハンドルを止めるナットを外し
先ほど切った丸いチューブを入れて

ハンドルを止める下側のスペーサーとナットの上にも入れます。

見難いですが
赤の矢印の部分に入っています。

で、その効果はと言うと
全くガタが無くなって、手ごたえ充分ではあーりませんか!

ガタガタだったハンドリングが
ダイレクトな手ごたえです。

(参考にされる方は、DIY=自己責任でお願いします)