緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

カテゴリ:カブの事 > 本州四端踏破

5/4、パラパラパラ。
テントにあたる雨音で目が覚めた。目覚めはスッキリしているのだが、まだ辺りは暗いうえ、寒くてシュラフから出る気になれなかった。ウトウトしながら心地よく雨音を聴き終わる頃、いつの間にか朝になっていた。
テントから出ると十和田湖の前でカブが待っている。今日は晴れだ!早く走りたい。
DSCN6897


























早速、朝食の準備。
イワタニジュニアバーナーでお湯を沸かし、カップ蕎麦を食べる。鍋は湯を沸かすだけだから拭いて仕舞えるので撤収が早いのだ。空の下で食べると、こんな質素な物でもナゼか旨いので移動時の朝飯は大抵こんな感じに済ませる事が多い、そのかわり最初の休憩時に野菜ジュースと軽食を多べる様にしている。
DSCN6896


























キャンプ場には雪が残っていた。どおりで寒い訳だよ((+_+))
DSCN6899


























7:30 キャンプ場を後にし、十和田湖の浜辺に入り込み、水際まで来てみた。冷たい風が吹いていて白い波が打ち寄せてくる。天気も良いし気持ちが良い朝だ。
DSCN6902


























十和田湖の水は、とても澄んでいて氷のように冷たかった。
DSCN6906


























十和田湖を後にし、奥入瀬(おいらせ)を走る。新緑から差す木漏れ日と、綺麗な渓流を横目に低速コーナーが続くワインディングは、永遠に走っていたくなる。風景がユックリと流れるカブで来て良かったな。
DSCN6912


























青森に入ると、のどかな田舎道を北に向かって走っている、ここまで来たら行かなくちゃ。
DSCN6914


























むつ市で春に追いついた。桜道が綺麗だった。
DSCN6919


























11:57 ついに本州最北端、大間崎に到着した。このスポットは最北端+大間のマグロが有名な事も有り、もの凄い数の観光客が集まっていた。

そして、この記念撮影したような記念碑のような物が数か所あって、写真を撮る人が順番待ちをしていた。で、私が写真を撮った場所はスロープがあり車両を押して持ってこられたのだが、撮影後に観光客のオジサンに「バイクで入っちゃダメだろ!!」と怒られてしまった。

確かに、他にバイクを持ち込んでいる人がいないので、入って良いのか?と迷ったが、注意書きは見当たらなかったし、この場所だけにスロープがあるという事は、ここだけは車両持ち込みOKと判断した。もしも車椅子専用のスロープであれば隣の記念碑にも行けるスロープも有るだろうし、・・・どこかに注意書きが有ったんだろうか?

とりあえず、ステッカーをゲットしボックスに貼って出発。さらば最北端。
DSCN6922


























それと大間のマグロ、あまりの観光客の多さで食べられなかった。と言うか、前回 6Fで来た時に大間のマグロ丼を食べたら美味しくなかったので無理して並ばなかった。アツアツのご飯の上にマグロが盛られていて、レア加減になっていたのが忘れられない。

目的を消化し、なんとなく南下する。なんだか気が抜けて、このまま無理やり帰ってしまおうか?とも考えて走っていたが、三沢市に入ると気持ちが変わっていった。普段なら高速で通り過ぎてしまうよな町だけど、下道で通ってみると良い場所って沢山あるもんだ。
DSCN6926


























走りながら、左側を見ると海が見えて丘の上に何かが建っている。
なんて素敵な公園なんだろうと、Uターンして寄ってみる事にした。
DSCN6929


























16:23 三沢市が気に入ったので周辺に泊まれる場所を探そう。
丘の上に登り(バイクで入って良いのか?・・・)、イスに座って海を見ながら近くのキャンプ場を探し始めた。
景色が良くてごみごみしてない所、海が見えると良いな。こんなベンチも有れば・・・

?ここは?ここで良いじゃん!と、この公園で野宿する事にした。
DSCN6927


























近くのあおば温泉で汗を流す。1日ぶりに頭と体が洗えた。この気持ち良さは毎日風呂に入っていると味わえない感覚で、たまには風呂に入らないのも良いかも?とも思えた。変態力アップ
DSCN6930


























買い出しをして、あの公園に戻り移動式別荘を建てる。
でも、ここでキャンプして良いのだろうか?また怒られるかも・・・少し不安があった。
DSCN6932


























これが自慢の、
海が見える丘に建つ我が別荘。お値段、14343円。安っ!!
DSCN6933


























そうこうしている間に、辺りは暗くなり夕飯の準備に取り掛かります。
今日の献立は、野菜サラダとチゲスープの素を使ってチゲ鍋です。
DSCN6934


























晩酌開始、飲んでしまえば立ち退きは出来ません。
ライダーの端くれとして飲んだら乗りませんよ!
では、また明日。
DSCN6935


























本日の走行、334km。
4日目に続く・・・
4 カブ

5月4日、月曜日。
キャンプツーリング3日目です。
昨日はフロントのオヤジと仲良しになって、オヤジの苦労話が心に残りました。
どこまで本当かは分からないけれど、休みが終わったらマジメに働こうと思います。

さて、今日は出発時から雨が降っていて、カッパを着てスタートしました。
7時40分、西に向かってスーパーカブを走らせます。

まず向かったのは出雲大社。
天気が悪いにも関わらず参拝者は沢山居ました。

皆さん 遠い駐車場から神社まで歩いて来ている様子。
私は 長居するつもりは無いので スグ近くのお土産屋さんに駐車。お店で何か買うつもりでしたが、欲しい物が無かったのでタダで止めさせて頂きました。

出雲大社は広くて かなり歩きました。
でも なんか気持ちが静まる雰囲気でした。


おお 金の玉

挨拶してきました。

で、お守りを買い、

カブのボックスに貼り付けました。

国道191 で三里ケ浜に。
大雨の中を走りました。

国道191
山口県長門市に入ると晴れてきました。

深川湾を眺めながら走る。
景色が綺麗だ。

休憩ポイントでカッパを脱ぎます。

で、やっとたどり着きました。
本州最西端 ビ沙ノ鼻(びしゃのはな)

キャンプ場に向かう途中 買い出し。

予定を変更して走ってきた道を戻ります。夕陽を見ながら海岸線を走りました。

山口県の角島にあるキャンプ場へと走ってきましたが、角島大橋は有名とあって大変混雑していました。

角島のキャンプ場は諦めて さらに走ってきた道を戻り滝部温泉へ。
源泉掛け流しの良いお湯でしたが、ドライヤーを使うにも(20円)お金を取られました。

で、日が暮れる頃 深坂自然の森キャンプ場に到着。
利用料は150円でした。

今日は森の中でキャンプです。

 外は湿っぽいので、引きこもりました。

本日の走行距離 409km

ガソリン代 1746円
食費 2523円
キャンプ料 150円
入浴料 540円

合計 4959円

5/8、金曜日。
午前7時に大阪府茨木市を出発。

今日から仕事始めの方が多いからか?昨日よりも増して大渋滞の大阪をすり抜けし、国道371へ。
IMG_2242 - コピー 


























携帯の電波も届かないような
タイトなクネクネ道を登り、
IMG_2249 - コピー 


























高野龍神スカイラインへ。
荷物を積んでいるので、登りはつらいけど下りは快調に走れました。
IMG_2250 - コピー 


























で、10時ごろになったので休憩。
国道371沿いの 道の駅ごまさんスカイタワーへ寄り道。
IMG_2253 - コピー 



























IMG_2255 - コピー 


























バナナケーキとコーヒーで一息入れて、
IMG_2256 - コピー 


























長ーい峠道を抜けて、和歌山県白浜へ。
IMG_2263 - コピー 


























で、そのまま海岸線の国道42号線をたどり、串本町の
本州最南端である潮岬灯台へ到着。
IMG_2278 - コピー


























ここの灯台は管理人が居りますので見学料の200円を支払い灯台の中へと。
IMG_2277 - コピー


























まず入って目に入ってくるのが、昔使っていたと言う大きなレンズ。
私は灯台の事に詳しくないのですが、その大きさと初めて見る灯台のレンズに見入ってしまいました。
IMG_2268 - コピー


























灯台の歴史を学習し、
IMG_2269 - コピー


























実は難しくて、と言うか
それほど興味が湧かなかったので写真を撮ってスルー。
IMG_2270 - コピー


























で、68段ある螺旋状の階段を登って
IMG_2276 - コピー


























更にハシゴを登って
IMG_2275 - コピー


























小さな出入り口をくぐって
IMG_2274 - コピー


























展望台へ。
IMG_2273 - コピー


























見晴らしイイ。
IMG_2271 - コピー


























見晴らしイイ。としか言えない。
IMG_2272 - コピー


























で、灯台を出て
国道42号線を反時計回りに走り
道の駅 くしもと橋抗岩へ。

偶然通りかかったのですが、海岸沿いに大きな岩が紀伊大島に向かって一直線に林立する様は足を止めてみてしまいます。

IMG_2282 - コピー


























ついでに波打ち際で記念撮影。
向こうには紀伊大島と島にかかる橋が見えます。

波打ち際まで躊躇なく入って来られるのはスーパーカブならでは。

何枚かとっているうちに、スタンドが砂にめり込んで横倒しになってしまいましたが、倒れても全く気にならないのもスーパーカブならではです。
それでいて気に入っているから不思議なバイクだと思います。
IMG_2284 - コピー


























「またの お越しを串本町」
の看板と写真を撮って。

でも、最果ての地は一度来れば十分満足。もう来ること無いでしょう。
IMG_2288 - コピー


























で、キャンプ場手前100kmをきった所で温泉に入り。

ここの温泉も偶然に通りかかったのですが、源泉かけ流しで硫黄の香りが漂うイイ湯でした。
洗い場のお湯も温泉で、すべての蛇口は開きっぱなしになっていて、全てがかけ流し状態でした。
よほど、湯量が豊富なんでしょうね。
IMG_2289 - コピー


























で、夕飯の買い出しを済ませ、
IMG_2290 - コピー


























偶然通りかかった 獅子岩を見学。
世界遺産だそうですが見物客は私だけでした。
IMG_2294 - コピー


























IMG_2296 - コピー


























で、道沿いに猿が出没するような山の中に走り、奈良県の下北山スポーツ公園キャンプ場へ。

人里離れた山の中ですが、キャンプ場にも立派なバンガローが有り、その周りにテニスコートや温泉施設などあって、自然を満喫しつつ快適に過ごせる場所だと思います。
IMG_2298


























入浴を済ませてありますが、温泉施設をチェック。
とても立派な建物です。
IMG_2307


























中もキレイでした。
IMG_2308


























それではキャンプ場へ。

車はゲートがありますが、バイクは24時間出入り自由です。
IMG_2299


























フリーサイトへ。
今日は私の他にはテントが1つ。
不在の為どんな人か解りませんが、気が合えば晩飯をご一緒出来ればと思い、プライバシーを保てる位置に陣取ります。
IMG_2300


























ダンロップr226を張ります。
IMG_2303


























キャンプ場を散策。
とても大きなファイヤーサークルに驚きましたが、向こうにそびえ立っているのは
IMG_2305


























ダム!
ダムの横がキャンプ場とは驚きました!

あの壁の向こうに大量の水があると思うと・・・なんだか恐ろしくなります。
IMG_2306


























ダムを見ながら、じゃなくてダムの壁を見ながら晩酌開始。
IMG_2311


























昨日食べたお好み焼きが美味しかったので、混ぜるだけのお好み焼きセットを買ってきました。
IMG_2312


























お好み焼き完成。片面を焼いてから蓋をして焼くと柔らかく出来上がります。
IMG_2313


























で、星空の元 ネットラジオを聞きながらワインを飲み、日が変わる頃にオヤスミナサイ。
IMG_2317


























今日は大阪を出発し、和歌山県を周って奈良県のキャンプ場へとやってきました。

本日の走行距離 361km
ガソリン代 923円
食費 2576円
お土産代2960円
入浴料 330円

合計 6789円
IMG_2338

9月3日、土曜日
早朝7時に星座の森キャンプ場を出発しまして、岩手県の田舎道を走ります。

やはり、早朝に知らない街を走るのって旅感がハンパ無く感じられます。

で、2時間ほど走り
海岸沿いに来るとダンプカーや建設業の車両が多く走っていて

震災で被害をうけた地域の復旧作業が今だに続いている様子でした。

かれこれ
5年の月日が流れておりますが
元の状態に戻るのは、まだまだ先のように思えて被害の深刻さを感じて驚くばかりです。

やって来たのは、
本州最東端の地「岩手県 魹ヶ崎」です。

ここが今回の旅の目的地となりまして
本州の最端の地であります。

ちなみに
最北端の「青森県 大間崎」

最西端の 「山口県 毘沙ノ鼻」

最南端の「和歌山県 潮岬」

は、スーパーカブで達成しているので本州の四端では最後の地となります。

さて
カブの脇にある看板
見にくいですが

本州最東端の魹ヶ崎灯台までは
自然遊歩道を3.8Kmって事で往復では8Kmほど山道を歩くことになります。

山道って事で、
平坦な道なワケがないので、普段歩かない私にとっては過酷な道のりとなるのは考えるまでもありませんが

ここまで来たならば行かなくてはなりません。

遊歩道を500Mほど登ると樹木の間から綺麗な海が見えます

が、しかし
↓看板がある通り
震災の時の津波は、この位置まで達したそうです。

ひたすら山道を歩きます。

この山道はバイクは乗り入れ禁止となっていましたが、実のところカブで行ってしまおうか?と思っていました。

しかし
実際に歩いてみると
写真では、さほどでは無いように見えますが

かなりガレていたり
木造の橋が腐っていたり
倒木があったり
そして、Uターン出来る場所が無いので、バイクを乗り入れるのは無理だと感じました。

歩くこと1時間

最東端の記念碑まで辿り着きました。

記念撮影を済ませ

灯台へ

まわりを見渡すと
水洗トイレがあり

東屋もあります。

東屋には
噂どおり
思い出ノートが入っているポストがありました。
中には思い出ノートが3冊あり

書き込まれた文章を読んでみると、ほとんどの人が本州の最端の地を巡っているようでした。

私も思い出の丈を記念に書き込んできました。

その後は
ゆっくりと景色を堪能しながら
湯を沸かして
カップラーメンを食べて

目的も達成できて一件落着と逝きたいところですが

ここまで歩いて来るだけで体力を使い切っていたので、帰りの3.8Kmの山道は頭痛がするほど長い道のりとなりました。



このページのトップヘ