緑色のガレージ

バイクネタ(カワサキER6F ホンダスーパーカブ110プロ) ツーリング・キャンプ ガレージ 等の自分お気に入りの事を書いていくつもりです。 ブログを通してお友達が増えることを楽しみにしておりますので、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。古い記事のコメントも大歓迎です。

カテゴリ:キャンプ・旅の事 > 2017年 北海道ツーリング

今年の梅雨は雨が少なくて
暑い日が続く毎日、皆さんどうお過ごしでしょうか。

こうも雨が少ないと
夏野菜の育成にも悪影響を及ぼして
価格も高騰しがちで困ったもんです。

私のような貧しい家庭では
家計を圧迫しかねない大問題ですが

今年から始めた家庭菜園で毎日少しずつ収穫出来ているので、なんとか生活をおくることが出来ております。

家庭菜園を始めてみると

大変ですけど
野菜の価格が高騰している
この昨今では
家計の役にもたちますし

なんと言っても
採れたての野菜を食べる家族の笑顔を見る事が1番の喜びと感じております。

さて、
家庭菜園の話はこの辺にしておきまして

時が過ぎるのは早いもんで
7月に突入しましたので

来月は
もう8月です。

8月と言ったら お盆休み
今年は8/11〜8/20
までの10連休となっておりまして

連休をどう過ごそうか
今から楽しみでしょうがありません。

しかし
今年のGWには
四国〜九州をツーリングしたばかりなので

お盆休みは「家族サービスに徹する」と考えておりました。

しかし
お盆休みって何処も混んでいる訳で

わざわざ混んでいる所に
車で行って楽しむ事は難しいもんです。

家庭菜園で家族が幸せになり
家計が潤った訳ですから

ここはひとつ
少しばかり還元してもらってですね

家族サービスは
必ず

きっと
しますので

ちょこっと
北海道ツーリングに行こうかなー
なんて考えております。

ほんとに今年の
夏野菜は高くて大問題ですよねー





2017年 北海道キャンプツーリング準備編

今回の北海道の旅はRSで行く予定でして

キャンプ有り
たまには宿泊もしたいと思っています

宿を利用するにあたって
一抹の不安がよぎるのは

露天駐車での
イタズラの被害
そして夜露による車体の汚れ
などなど

そんな不安を少しでも拭い去るため

携帯に便利なデイトナ製の
ポータブルハーフカバーを購入してみましたー

こちらの
ハーフカバーは
特大サイズと
標準サイズがありまして

特大サイズの方が余裕を持って車体を覆える訳ですが

やはり
持ち運びを考えると
収納時のコンパクト性を重視しまして シートやメーター類などを最低限覆えるであろう

標準サイズをチョイスしました。

RSにかけてみた図

リアキャリアまでは届きませんが

フロントカウルから
タンデムシートまでスッポリと覆う事が出来きまして

一言で言うと
「良い感じ」

これで旅の不安も
少しは軽くなった気がしてきました。

「基本的に趣味のバイクに実用性重視の大きな物入れは付けたくない」
http://livedoor-cub110pro.blog.jp/archives/51067376.html

なんて言っていた事もありましたが

リアシートに大きな荷物を括り付けて旅をするライダーを見るとロマンを感じます。

今回の北海道ツーリングでの
大量になる荷物の積載するべく

TANAX キャンピングシートバッグ2
を手に入れましたー

バッグの容量
59L〜72L

容量拡張無し59Lで
RSのリアキャリアに取り付けた図

この状態でも
全ての荷物(テントは除く)を収納可能ではないかと思われますし

72Lに拡張すれば
お土産なんかも入ります。

それと
ホテル宿泊の時など
荷物を持ち歩く時には
バッグ1つだけで済んだ方が楽ちんだと思われますし

バッグのお値段
15919円
今回の北海道ツーリングの日数 8日間で割りますと

1日あたり、1989円となりますので今回のツーリングで役に立てば安い物だと思います。




     

R1200RSを買いまして
1年と半年が過ぎました。

RSはキーレスエントリーでして、エンジン始動時に鍵での操作が要らない車両です。

↓RSのキーレス

裏側にあるボタンを押すと
シートをハズす鍵が出ます。

↓キーレスの裏側

キーレスの電池ですが消費すると
メーターパネルに警告が出るらしいのですが

ネットを徘徊してみると
1年半年で電池切れした方も居るみたいなので

念のため
北海道に行く前に交換する事にしました。

電池の蓋は
スライド式では無く、はめ込み式で
キーを出した状態でキーが収まっていた箇所をマイナスドライバーで抉ると外しやすかったです。

電池はCR2032 
一個でした。

それと
キャンプ時の非常食も購入しました。

今回は
お湯を入れるだけで食べられる
アルファ米を6個持って行く事にしました。

それでは
北海道ツーリング楽しんで来たいと思います。

皆さんも良い夏をお過ごしください!
 

このページのトップヘ